赤ら顔にオロナインが効くって本当?

話題

 

赤ら顔にもオロナインH軟膏がいいって聞くけど本当かな?

 

肌荒れはもちろん、肌の乾燥やごわつきにも良いと聞くので赤ら顔にも効きそうですよね。

 

そんなオロナインH軟膏は第2医薬品で、殺菌、抗菌し、傷口を保護する効果があります。

 

こうしたことから考えると、肌に炎症を起こしている赤ら顔には良いと考えられますね。

 

オロナインH軟膏の効果、効能は、「にきび」「吹出物」「はたけ」「やけど(かるいもの)」「ひび」「しもやけ」「あかぎれ」「きず」「水虫(じゅくじゅくしていないもの)」「たむし」「いんきん」「しらくも」となっています。

 

ただ、使用上の注意には、「湿疹(ただれ、かぶれ)」「化粧下」「虫刺され」には使用してはいけないと有り、守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなると説明があります。

 

また、「医師の治療を受けている人」や「薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人」「患部が広範囲の人」「湿潤やただれのひどい人」「深い傷やひどいやけどの人」などは必ず医師に相談するように説明があります。

 

副作用としては、「発疹」「発赤」「かゆみ」「はれ」「乾燥」「ひびわれ」などがあるようで、症状が現れ5~6日間使用しても症状がよくならない場合は、使うのをやめ、説明書をもって医師や薬剤師または、登録販売者に相談するよう注意書きがあります。

 

赤ら顔の原因によっては効くかも

372

http://www.otsuka.co.jp/ohn/

 

赤ら顔にオロナインH軟膏が効くかどうかは、自分の赤ら顔の原因(症状)によって違ってきそうです。

 

オロナイン軟膏は、殺菌、抗菌し、傷口を保護する役割がありますので、肌荒れで軽い炎症を起こしている赤ら顔やニキビ、脂漏性皮膚炎による赤ら顔の方に効くかもしれません。

 

ただ、顔に塗る場合は紫外線に気を付けて塗らないと油焼けの心配もありますし、化粧下には使用しないでくださいと注意書きがあるくらいなので、日中のケアには使用しないほうが良さそうです。

 

試してみるなら、夜洗顔の後に清潔なった肌にほんの少し薄く塗るのが良いかと思われます。

 

オロナイン軟膏を「使う」「使わない」を含め、使い方にも注意し、注意書きにもあったように5~6日間使っても症状が良くならないなら使用をやめ、ひどくなった場合はお医者さんに相談してくださいね。

スキンケアには

 

毎日のスキンケアには、医薬品ではなく化粧品がおすすめです。

 

赤ら顔の原因は肌荒れなどからくる炎症で毛細血管が拡張してしまうことや肌が薄くなり透けて見えることが主な原因となっています。

 

毎日のケアには肌に優しく低刺激なケア用品を使うことはもちろんですが、毛細血管の拡張や肌荒れを鎮め肌バリア回復を目的とした化粧品がおすすめです。