赤ら顔の保湿には

赤ら顔の保湿には

赤ら顔の保湿には何を使えばいいのかな?

化粧水?乳液?クリーム?それともジェル?

肌も敏感だから、肌に優しいものがいいんだけど・・・

このように、保湿をしたいけどどんな保湿がいいのか判らない方も多くいらっしゃると思います。

赤ら顔の保湿剤

赤ら顔の方は、脂性肌やインナードライ(皮脂が出ているので乾燥は感じないが肌の中が乾燥している)、乾燥肌の方が多く、ほとんどの方は超敏感肌になっています。

そんな赤ら顔の保湿には、水分を逃がさず、肌バリアを強化してくれるセラミドを補給できる保湿剤が良いです。

赤ら顔の肌の状態

6a90b3ab2c788d5b3e7b899f9ee3efb2_s

赤ら顔の肌の状態は、肌が傷ついたり薄くなることによって、肌の水分蒸発を防いで肌バリアの機能を果たしてくれているセラミドが足りなくなっています。

こうした肌は、外部の刺激に耐えられない未熟な角質が表に出ている状態ですので、ちょっとした刺激を感じると、肌に炎症を起こし毛細血管が表面まで伸びるため常に顔が赤く見えています。

また、肌自体が薄くなっているので血管が透けやすく、そのせいでも顔が赤く見えています。

未熟な角質は角質間の水分を蓄える力がなく、肌の水分が蒸発していくために常に肌が乾燥しています。

皮脂が多く出る方のほとんどが、こうした肌の乾燥を防ぐために皮脂を多く分泌し自己防衛している状態です。

ですが、皮脂が多く出すぎると今度は肌が酸化して、肌に炎症を招くようになります。

そうならないためにも、角質にたっぷりと水分を蓄えられる肌になる事が大切なんですね。

こうした肌は、肌のバリア機能も正常に働いていなので、外部の刺激からチクチクしたり、肌荒れや顔の赤みにつながっています。

傷つき薄くなった赤ら顔の肌を守る保湿剤

保湿には、失った角質間のセラミドを手っ取り早く補給できるセラミドが配合さた化粧品で保湿をするのが良いです。

セラミドにも、「人型」「植物由来」「動物由来」「化学物質」など沢山の種類がありますが、人になじみが良く効果が一番高いとされているのが人型セラミドです。

人型セラミドにもNP,OPなど種類があり、多少役割が違うことから、人型セラミドの種類を数多く配合した化粧品が注目されています。

なかにはリポソーム化(ナノ化カプセルし、浸透力を高める)やラメラ構造化(人の肌の構造と似せて浸透力を上げる)、イオン配合(浸透力の高いイオン水を基剤にして浸透力を高める)など、浸透性を高める加工をした保湿剤もあります。

また、赤ら顔は肌がとても敏感になっているので、肌に優し処方の保湿剤を使う必要があります。

製品によって特徴はありますが、ご自身に合うと思われる化粧水を試してみてください。

赤ら顔の保湿に評判の良い赤ら顔化粧水はこちら↓

顔の赤みをなくしたい! いったん赤ら顔になってしまうとなかなか治らなくて困ってしまいますよね。 赤ら顔のケアに化...

シェアする

フォローする