赤ら顔のケアに「グリチルリチン酸ジカリウム」が入った化粧品を使っても大丈夫!?

赤ら顔

赤ら顔のケアに使う化粧品には、炎症を沈めると言われる「グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2k)」が配合されています。

 

この成分は、赤ら顔に良いのでしょうか?また、副作用などは無いものか心配になりますよね。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果と副作用

about-1406856_640

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草と言う植物から精製された成分のことで、抗炎症、抗アレルギー、殺菌などの効果があり、甘みがあるために食品添加物として加えられている食品もあります。

 

化粧品としては、抗炎症、抗アレルギー、殺菌などの効果が高い事から、アトピーや肌荒れ、ニキビ用のスキンケア用に含まれていることが多いです。

 

副作用としては、グリチルリチン酸ジカリウムがステロイドと同じような作用があるとして、グリチルリチン酸ジカリウムを使うのを辞めると、脱ステロイドをした時のような副作用が起こるとして話題になったこともありました。

 

確かに、原液や濃度が濃い物の使用を続けると、そういった副作用が出る事も考えられると言われていますが、一般的にスキンケアで使う化粧品に配合されている量は厚生労働省で定められている事と、実際には厚生労働省が定めた量(%)より配合が少ない製品がほとんどだと言われています

 

また、ステロイドより作用は穏やかなことから副作用を心配する必要はないという意見もあります。

 

このことから、化粧品に配合されている量なら、何の問題ないという意見がほとんどです。

 

個人的な印象としても近頃では、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K、甘草エキスなどして)を配合されている化粧品が多くなったのではないかと感じるくらいです。

赤ら顔には見方の成分だが注意は必要

指さし

グリチルリチン酸ジカリウムは、赤ら顔になっている肌の炎症を沈めてくれたり、菌の繁殖を制御してくれるのでかゆみなども起こりにくくしてくれるため赤ら顔用の化粧品にも配合されている製品が多くみられます。

 

化粧品として既成の製品を使う分には、制限内の量の配合のため、あまり神経質になる必要はないと考えられますが、肌の状態や体質などの個人差もありますので合わないと思えば使わないようにするなど見極めも必要です。

 

化粧品は、長期間毎日使用するものなので、絶対に副作用は起こらないと決めつけ、注意しておかないのは危険です。

 

赤ら顔には欠かせない便利な成分ですが、合うか合わないか「注意はしておいた方が良い」と言うことですね。

 

心配なようでしたら、グリチルリチン酸ジカリウムより作用がもっと穏やかな植物成分もありますので、そうした植物成分が配合された製品でも良いかもしれません。

 

抗炎症、赤みを引かす植物成分として赤ら顔化粧品に使われている抗炎症作用のある植物エキスは、「アンボラエキス」「アロエエキス」「カミツレエキス」「オタネニンジンエキス(朝鮮人参エキス)」など、沢山あります。(これも合う合わないがあります)

 

成分だけでなく、お手入れの仕方も含め自分にあったケアを見極めましょう。

 

赤ら顔に優しい化粧品は、赤ら顔用の化粧があります。

 

赤ら顔化粧品にはグリチルリチン酸カジウムなどの抗炎症成分や肌バリアを整えるセラミド、赤みの原因となっている毛細血管の拡張を鎮める働きをする成分など、赤ら顔にとってうれしい成分が沢山配合されています。

 

グリチルリチン酸カジウムだけに注目するのではなく、赤ら顔のケアによい化粧品を選ぶことが肝心ですね。

 

評判の良い赤ら顔化粧品↓

赤ら顔化粧水ランキング(男女兼用)タイプ別おすすめも掲載!
顔の赤みをなくしたい! いったん赤ら顔になってしまうとなかなか治らなくて困ってしまいますよね。 赤ら顔のケアに化粧水を選ぶなら、赤ら顔改善に役立つ成分を配合してる赤ら顔専用化粧水があります。 赤ら顔...