赤ら顔を改善できる漢方薬とは

話題

なかなか改善しない赤ら顔。

 

漢方をとりいれると赤ら顔が改善すると言われていますね。

 

ですが、同じ漢方でもやはり赤ら顔の原因によって選ばないといけません。

 

また、当たり前ですが必ず改善するとも限りませんが、いろいろ試しても改善されない場合は試してみる価値はあります。

東洋医学からみた赤ら顔

東洋医学では、何か体に異変が起ることや症状が出ることを、菌などのせいではなく「身体の調和は乱れている」と捉える考え方から、調和の乱れた身体を整え、病気にならない身体にしていく事に重点を置くのが東洋医学の考え方です。

 

その中で、植物などから作られる漢方薬を煎じて飲んだり肌に塗ったりして身体を整えます。

 

漢方薬は自然のものからできていますので、薬と違い刺激や副作用も少ないため体に優しいとされ、愛用されている人も多くいます。

 

赤ら顔は、毛細血管が見えるなど、一般的な肌の人より顔の赤みが目立つと赤ら顔と言われ、東洋医学ではこうした症状も身体の調和がとれていないととらえ、身体の調和をとるため漢方薬を用います。

 

東洋医学では、症状が現れた場所によって臓器と結び付け考えられます。

 

例えば、「左頬に症状があれば肝臓の調和が乱れている」「右頬に症状があれば灰の調和が乱れている」などと考えていきます。

 

また、顔の赤みは熱によるもの(体温ではなく自分で感じる熱)と考えられ、いくつかのタイプに分かれそれそれに処方される漢方薬が違ってきます。

赤ら顔に処方される主な漢方薬

顔がほてって赤ら顔になる

原因は女性ホルモンのバランスにる自律神経の乱れから起こっています。

そうした場合には、「温経湯(うんけいとう)」や「紙逍遙散(かみしょうようさん)」という更年期特有のほてりに用いられます。

 

「女神散(にょしんさん)」という漢方は、めまいやのぼせにも効果があります。

興奮や緊張、によって赤ら顔になる

気が高ぶって興奮しやすく、動悸しがちな場合には、「柴胡加竜骨牡蠣湯」(さいこかりゅうこつぼれいとう)イライラ、ストレスには「抑肝散」(よっかんさん)が用いられます。

 

ちなみに抑肝散はもともと小児のかんしゃくに使われていたものだそう。

血液の滞りが原因の赤ら顔

血行が悪く、毛細血管が拡張して赤ら顔になっている場合は、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などが用いられます。
細分化すれば細かな症状によって合わせる生薬が違いますし、上記に書いた漢方薬以外にも赤ら顔に良いとされるものは沢山あります。

 

自分にあった漢方薬を見極めるには、プロに相談するしかありません。

 

お近くの漢方薬局や漢方薬を処方してくれる病院で診てもらうのもいいかもしれませんね。

食生活や生活習慣の見直しも

赤ら顔の原因は、体の中に原因がある場合と、肌に原因がある場合、またはその両方が原因の場合もあります。

 

体内のケアは、内臓の機能悪化だけでなく腸内環境の悪化によって免疫異常を起こすことによって赤ら顔になるとも言われています。

 

内臓の機能低下や腸内環境を整え免疫異常を改善するには、食生活や生活習慣なども見直す必要があります。

 

食生活の乱れ(暴飲暴食、糖分の摂り過ぎ、油脂の摂り過ぎ、偏った食事など)や、ストレス(仕事や家事、育児などのストレスで情緒が乱れているなど)、生活習慣の乱れ(過度の飲酒や喫煙、不規則な生活など)、ウィルスや細菌などの侵入や過剰反応(免疫力低下、免疫異常)などが挙げられます。

 

毎日の生活のなかで改善できるところは、1つづつでもやる、または排除(やめる)などをしていきましょう。

 

例:「脂っこいもの、辛いもの、甘い物などを減らす」「ストレスは必ず発散する」「睡眠を十分にとる(質の高い睡眠)」「便秘気味な場合は毎日排便できるようにする」など色々と工夫して取り組んでみましょう。

 

そうはいっても、なかなか食生活や生活習慣を変えることが難しい場合は、先ほど紹介した漢方や腸内環境を整え免疫力を上げ免疫異常を改善できるる乳酸菌なども試してみると良いかもしれません。

スキンケアの見直しも重要

肌は、通常バリア機能で正常に保たれていますがそのバリア機能は加齢や洗顔などで失っている可能性もあり、肌がダメージを受けているために顔が赤くなっている場合もあります。

 

肌が薄くなってしまい、血管が透けて見える赤ら顔。

ニキビや肌荒れなどの炎症を繰り返し、肌が荒れ気味の赤ら顔。

 

には、体内のケアだけでなくスキンケアも大切です。

 

スキンケアには、肌バリア機能の大半を担うセラミドと言う成分を補う事が大切です。

 

このセラミドの働きは、外部の刺激から肌を守るだけでなく、肌から水分が蒸発するのを強力に防ぐ役割もあるため、最強の保湿剤だともいわれています。

 

そうしたセラミドは化粧品で補う事ができ、一番効果の高い人型セラミドを含んだ製品を使用すると良いです。

 

また、生薬を配合した赤ら顔専用の化粧品もありますので、漢方薬や生活習慣、食生活の見直しと共に、腸内環境を整えてみることや、自分にあった化粧品でケアして見ることも大切。

 

色々な方向から赤ら顔を改善してくださいね。

 

バナー原稿imp