赤ら顔なのにうっかり日焼けしてしまったときの対処法

話題

 

赤ら顔の日焼けは大敵!

 

でも、紫外線対策ばっちりでお出かけしたはずなのに自宅に帰って鏡を見ると顔がいつもより赤い・・・

 

熱く火照っていて「しまった・・・」なんて日焼けしてしまった事に気づくなんてことありませんか?

 

紫外線対策をバッリチしていたとしても、100%防御することも難しいですし、うっかり日焼け止めを塗りなおすのを忘れていたということもありますよね。

 

でも、その日焼けはそのまま放っておくと赤ら顔が悪化する原因になってしまいます!

 

日焼けしたことに気づいたらすぐに対処するようにしましょう。

 

うっかり日焼けしてしまったときの対処法

肌を冷やす

 

まずは、しっかり肌を冷やすことが大切です。

 

肌が赤くなっている状態は、軽い火傷や炎症を起こしています。

 

その火傷や炎症を抑えるために、「冷やす」というケアが必要です。

 

冷やし方としては、濡らしたタオルを冷蔵庫などで冷たく冷やし、そっと優しくし乗せて優しく顔を冷やしましょう。

 

あまりにも冷たいものですると冷やし過ぎになり、かえって肌に負担がかかるので、ひんやりする程度の冷たさのものにしましょう。

 

※水ぶくれができるくらい重症の場合は、タオルで冷やすと引っ付いて皮がめくれてしまうこともありますので、自分で何とかするより病院へ行って診てもらう事をおすすめします。

 

 

日焼けしてしまった時の洗顔

日焼けしたその日は、日焼けのダメージを洗い流した方が良いです。

 

だからと言って、ゴシゴシ洗うのではなく、肌に優しい石けんで優しく手早く洗います。

 

後も肌が傷んでいる状態で肌バリアが回復していないので、メイクをしていない時や日焼け止めを使用していない時の洗顔は、日焼け当日同じように洗ってください。

 

メイクをしている時や、日焼け止めを使用している時などクレンジングや洗顔料を使う時は洗浄力が強いものではなく、低刺激なものを使いましょう。(メイクや日焼け止め自体も石けんで落とせるものに変えると肌の負担が少なくなります)

 

石けんでは、コールドプロセスの無添加石鹸が肌に優しいのでおすすめです。

 

おすすめのコールドプロセス石鹸!敏感肌も優しくしっとり洗い上げる
肌荒れ、乾燥、アトピー、赤ら顔などなど肌トラブルのある敏感な肌に負担のかからない洗顔石鹸や洗顔料が欲しい。 トラブルのある肌は肌バリアが弱く肌自体も薄くなっている方が多いのでできるだけ肌に負担のかからない肌に優しい洗顔...

 

石けんや洗顔料を使っての洗顔は、日焼けで肌がいつもより傷んだ状態になっているので、こすることはせずに泡を肌に乗せるような感覚で手早く伸ばし、直接手が肌の触れないように馴染ませ、丁寧にすすぎます。

 

すすぎもシャワーを直接顔にかけたり、熱いお湯を使ったりしないように気を付け、洗面器にぬるま湯をためて、手ですくって顔に当てるような感じで30回を目安に丁寧に泡を洗い流します。

 

日焼けをしていなくても、こうした丁寧な洗顔が綺麗な肌を保つ秘訣です。

 

また、ファンデーションの使用や日焼け止めの使用でクレンジングを使用するなら、ダブル洗顔しなくても良いものに切り替えると肌の負担が減ります。

 

保湿ケア

 

肌を冷やしたら、次は保湿ケアをしましょう。

 

紫外線を浴びた後の肌は、肌が熱を持つことで角質層の水分が蒸発し普段より乾燥した状態になっています。

 

赤ら顔の人は、肌が薄かったり元々肌が傷んでいる場合が多いので、日焼けでさらに傷んだ肌の炎症を沈めたり、角質層の水分蒸発を防ぐには、たっぷりと肌にうるおいを与えられるジェルがおすすめ。

 

傷んだ角質層に負担のかからないオールインワンジェルをたっぷりと塗ることで熱をとりつつ、肌の保護もできます。

 

オールインワンジェルは、1回でケアが済むためケアによる肌の負担も減らせます。

 

できるだけ低刺激なものを使い肌に負担をかけないものを選ぶようにしてくださいね。

 

日焼け後は、いつもより多すぎると思うくらいたっぷりとつけて肌を潤わすのがコツ。

 

また、日焼けで肌が火照っているので、保湿剤を冷蔵庫で冷やしておくのも気持ちがいいのでおすすめです。

 

赤ら顔におすすめのオールインワンジェル
化粧水では物足りない、でもクリームは使いたくない。 1つでケアできるオールインワンジェルなら簡単に保湿できて便利。 荒れがちな赤ら顔にも使えるオールインジェルってあるのかな? オールインワン...

 

身体の中からもしっかりケア

 

日焼けした肌を早く回復させるは、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、たんぱく質、亜鉛などっを意識して摂ると良いです。

 

肌の新陳代謝を促す効果があり、肌のターンオーバーが活性化されることが期待されるので、色素沈着を防いだり、肌の酸化(老化)を防ぐことができます。

 

肌バリアを強化してくれるセラミドを摂取しておくのもよいですね。

 

赤ら顔改善に役立つ成分と食べ物一挙公開!
なかなか改善しない赤ら顔。 赤ら顔の改善にはスキンケアや生活習慣の見直しや食生活の改善など色々取り組んでみないことには改善の期待ができません。 ここでは、赤ら顔改善に役立つ栄養素や食べ物を一挙にまとめてみました。...
赤ら顔に良い栄養素とおすすめのサプリメント
一度なるとなかなか改善しにくい赤ら顔。 赤ら顔対策に良いサプリメントが欲しい。 赤ら顔の原因は間違ったスキンケアだけでなく体のためや肌のための栄養が摂れていない可能性も考えられます。 インナ...

 

赤ら顔なのにうっかり日焼けをしてしまっても慌てず、ちゃんと対応すれば肌が休まり悪化を防げます。

 

肌に負担をかけないケアで日焼けした肌を回復させてあげてくださいね。