これって赤ら顔?ニキビと毛穴の開きや顔が赤いのを治したい

これって赤ら顔?ニキビと毛穴の開きや顔が赤いのを治したい

赤ら顔の上に、ニキビがある、毛穴が赤くなって開いているなら、もしかしたらニキビだけでなく脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)や皮脂による炎症を併発しているかかもしれません。

ニキビだけでなく皮脂での炎症や脂漏性皮膚炎も赤ら顔の原因の一つになります。

皮脂での炎症

脂性肌の人は皮脂の分泌が多いのですが、この皮脂を放っておくと皮脂が酸化し、肌に炎症を起こす原因になり、その炎症が肌が赤く見える原因にもなります。

また、酸化した皮脂がある肌は、皮膚常在菌の中の悪玉菌が好む環境になるため、酸化した皮脂を好む悪玉菌(黄色ブドウ球菌やマラセチア菌)などが繁殖し、さらに炎症を強めます。

ニキビができやすい人はオイリー肌の場合が多いのニキビだけが原因でなく皮脂による炎症や皮膚常在菌(悪玉菌)の影響で肌が赤くなっている可能性も高くなります。

皮脂での炎症や脂漏性皮膚炎はどちらにしても皮脂の大量分泌が原因になりますので、対策としては同じですが、まずは自分が脂漏性皮膚炎かどうか判断してみてください。

皮脂での炎症を起こしている時の特徴

毛穴一つ一つが開き赤くなっている。

ヒリヒリ(じりじり)とした痛みがある

チクチクしたかゆみ(刺激)がある

など、皮脂の分泌が多く毛穴が開いていて、その毛穴が赤い場合、分泌される皮脂が酸化する事によって炎症を起こし赤くなっている状態で、皮脂の分泌が多い、頬やおでこ、眉間、鼻などに起こりやすいです。

脂漏性皮膚炎の特徴

皮脂での炎症に加え

毛穴1つ1つが赤くなり、開いている
小さなニキビが多数あり、肌が赤く見える
肌がべたついていてザラザラしている

などがあげられ、皮脂での炎症をさらに悪化させたような症状がみられます。
肌触りが悪く、「皮膚から皮脂の塊がとれる」「皮膚の表面に黄色いかさぶたのようなものができる」「フケのように皮膚がはらはら落ちる」などの場合もあります。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚の原因は、酸化した皮脂によって繁殖した「マラセチア」と呼ばれるカビの一種による、皮膚のアレルギーが関係しているといわれています。

マラセチアは誰の皮膚にも存在する常在菌でが、皮脂の量が多く分泌され、酸化するとマラセチア菌が好む環境になり過剰に繁殖してしまいます。

マラセチアが皮脂を分解するときに、皮膚を刺激してしまうので赤みやかゆみ、痛みの原因になります。

皮脂での炎症や、炎症がさらにひどくなる脂漏性皮膚炎は、ニキビとは別に対策をしないといけません。

皮脂での炎症や脂漏性皮膚の対策

食生活を見直そう

皮脂の分泌が多い人は、食事のバランスが偏ってしまっている傾向にあります。

摂取する脂肪の量を減らすことで、皮脂の分泌も抑えられますので、食事の内容や食べているお菓子なども見直してみましょう。

皮脂のバランスを整えるビタミンB類や、皮脂の酸化(身体の酸化)を防ぐビタミン、肌細胞の再生を助けるミネラルもバランスよく摂取するようにしましょう。

植生化の改善が難しいと感じるなら、足りない成分をサプリメントで補うのも良いですね。

睡眠時間を確保しよう

睡眠時に分泌される成長ホルモンは、肌の回復を促してくれる効果があります。

十分な睡眠をとり、体を休めることで皮脂の分泌を正常に整えられることができ大量に出る皮脂のばバランスを整えられるので脂漏性皮膚の改善につながるといわれています。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まってしまうと、皮脂が過剰に分泌してしまうだけでなく、皮脂が酸化しやすくなります。

適度な運動や自分なりのストレス発散法を見つけてストレスを溜めないようにしましょう。

肌を清潔に保つ

洗顔で余分な皮脂を洗い流しましょう。

しかし、赤ら顔になってしまっている状態は肌が非常に弱っていますので、皮脂を気にしてゴシゴシと洗うのはやめましょう。

低刺激の洗顔料を使用し、しっかり泡立てて、肌をこすらないように優しく洗顔するようにしましょう。

すすぐ時も手が肌に触れないようにすすぐと良いでしょう。

皮脂が多く分泌される原因の大半は肌の乾燥ですので、保湿をしっかりすることも大切です。

保湿は、皮脂での炎症程度ならニキビのも良いビタミンC誘導体配合の化粧品を使うと良いです。

脂漏性皮膚炎の傾向が強いと思ったら、皮膚常在菌のバランスを整えられる化粧品を使うと良いです。

ニキビだけでなく、毛穴の開きや赤ら顔が気になるなら、上記のように皮脂での炎症や脂漏性皮膚炎も併発している可能性かがります。

規則正しい生活やバランスのとれた食生活、ストレスや疲れをためない、スキンケアを見直すなどの対策が必要です。

シェアする

フォローする