ニキビやニキビ跡での赤ら顔は皮膚科で治る?

ニキビやニキビ跡での赤ら顔は皮膚科で治る?

ニキビやニキビ跡が原因でなる赤ら顔は、セルフケアを行っていてもなかなか完治することは難しいといわれています。

それは、ニキビが治っても同じ場所にできたり、違う場所にできてしまって痕になってしまったりと、ニキビ自体が完治しずらいためです。
また、赤ら顔になっているということは、肌の皮膚が薄く、非常に弱っている状態ですので、ニキビ専用の治療だけでなく赤ら顔のことも考えてケアしなければいけませんよね。
そんな場合、皮膚科で治療をしようと考える方も多いのではないでしょうか。

皮膚科での治療で治るのか、どんな治療方法があるのかなど紹介したいと思います。

ニキビやニキビ跡による赤ら顔の皮膚科による治療

皮膚科で行う治療にも様々な種類があります。

内服薬

・抗生物質

・漢方薬

・ビタミン剤
体内から治していく治療方法です。

抗生物質は、即効性がありますが、副作用も出てしまう可能性があるそうです。

漢方薬は、即効性は感じにくいですが、体内から改善されるものなので、長期間の服用が必要だといわれています。

ビタミン剤は、不足しているビタミンを補うために補給することが多く、外用薬と併用することが多いそうです。

外用薬

・塗り薬

ポピュラーな薬として、ベピチオゲルやデユアック配合ゲルなどがあります。

症状や病院によって処方されるものが違いますが、外用薬がよく使用されているそうです。

個人差はありますが、即効性が高いといわれています。

レーザー治療

ニキビや赤ら顔の治療としてレーザー治療やIPL(光治療)などがありますが、レーザー治療は保険適用外となるので、自費治療になり高額になる事が多いです。

ニキビやニキビ跡による赤ら顔の皮膚科の選び方

ニキビやニキビ跡による赤ら顔を皮膚科で治療しても、治ったという方もいらっしゃいますし、治らなかったという方もいらっしゃいます。

正直、個人差があるものなので断言はできません。
しかし、セルフケアであまり効果が見られない場合、皮膚科に行って専門の医師に相談して治療することはとても効率的だと思います。

症状によってもケアの方法は何通りもありますし、専門の医師は、自分に合ったケア方法を教えてくれます。

さらに、セルフケアよりも即効性のある薬などを使って治療をしてくれます。
もし、皮膚科に行くかどうか悩んでいるのなら、一度受診してみてから決めてもいいと思います。

皮膚科によって治療の種類が違ったり、または医師によって得意としている治療方法が違います。

皮膚科を選ぶときは、まず自分がどのような治療方法を希望しているのかいくつか考えておくとスムーズに選ぶことができるでしょう。
また、健康保険が適用する医療機関なのかどうかもポイントですね。
皮膚科を調べてもわからない場合、事前に気になる病院に問い合わせをしてみるとある程度自分にあっているかどうかも分かりやすいです。

このように、ニキビやニキビ跡の治療には根気が必要になってきますので、皮膚科もたくさんあり、治療法もいろいろあります。

色々な皮膚科に問い合わせをしてみて自分に合った皮膚科や治療方法を見つけて行く事が大切になります。

シェアする

フォローする