ニキビやニキビ跡による赤ら顔をカバーするメイクのコツ

ニキビやニキビ跡による赤ら顔をカバーするメイクのコツ

ニキビによる赤ら顔で厚化粧になる・・・

ニキビ跡の赤みが強くて化粧でカバーできない・・・

どんな化粧品を使えばいいのかわからない・・・

など悩みを持っていませんか?
そんな方にニキビやニキビ跡の赤ら顔の両方をカバーすることのできるメイク方法を紹介します。

メイクのコツはベースメイクにあり

ニキビやニキビ跡による赤ら顔のメイクのコツは、顔の赤い部分をメイクで自分の自然な肌の色に近づけることで赤みを消しつつ自然な肌色に整えられます。

ニキビによる赤ら顔をカバーするのに持っておくと便利なのは「コントロールカラー」。

コントロールカラーとは、肌の色を調節するための化粧品で、化粧下地と一緒になっているタイプのもあります。

コントロールカラーをファンデーションの前に塗っておくとファンデーションの発色をよくしてくれる効果があり厚化粧になりにくくナチュラルに肌の色をカバーしてくれるんですね。

コントロールカラーの選び方

ニキビやニキビ跡による赤ら顔の場合、コントロールカラーで良いのはグリーン系。

ニキビによる赤ら顔の場合、一般的な赤ら顔よりも赤みが強いケースが多いので、赤色に緑を重ねると黄色に見え、自然な肌色に近づけることができます。

ただ、地肌の色が色白の方は、グリーン系を使うと青白く見えてしまうことがありますので、グリーン系のコントロールカラーが合わない場合はイエロー系を使うか、イエロー系と混ぜて使ってみるといいですね。

ニキビでの赤ら顔を隠すファンデーションの選び方

ニキビでの赤ら顔を隠すファンデーションは、色白さんだとベージュ系、健康色だとイエロー系のものが自然に仕上がります。

ファンデーションには、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプなどがありますが、ニキビがある場合は油分の多いものは避けた方が無難なので、ファンデーションはパウダータイプが良いかもしれません。

パウダータイプの中にも、プレストタイプとルースタイプなどがありますが、スポンジタイプのパフは肌への刺激になってしまうので、ニキビがある場合はルースタイプがおすすめです。
お肌に優しいのはミネラルファンデーション。

天然の鉱物でできたファンデーションで、化粧下地がいらなかったり、クレンジングを使わずに洗顔料だけで落とすことができます。

ニキビによる赤ら顔のメイク方法

スキンケア

化粧をする前のスキンケアでたっぷりと肌を保湿してあげてください。

保湿することで、皮脂が過剰分泌されにくいので化粧崩れ防止につながります。

日焼け止め

日焼け止めを塗る場合は、化粧下地の前に塗っておきましょう。

化粧品にUVカットの効果があるものを使用する場合場だと、厚塗りにならないのでいいですね。
紫外線はお肌の敵です!

しっかり対策をしておきましょう。

化粧下地

化粧下地は手の甲にとり、おでこ、両頬、あご、鼻先におきます。

指の腹を使い顔の内側から外側にかけて、力を入れ過ぎないように伸ばしていきます。

メイクが崩れやすい小鼻や口元、目元、そして赤ら顔が気になる部分に優しく丁寧に塗りましょう。
厚く塗り過ぎるとテカリや化粧崩れの原因になるので注意しましょう。

コントロールカラー

・下地と一緒になっている場合は上記で説明した化粧下地の塗り方と同じ方法です。

・部分的に使う場合

指先にコントロールカラーを出し、気になるところに少しづつ指先でポンポンとなじませます。

塗り過ぎてしまうと厚化粧のように見えるので少しづつ塗っていくのがポイントです。
コントロールカラーでニキビの色が隠せない場合は、コンシーラーを使いましょう。

ファンデーション

ファンデーションの塗り方のコツは、赤みのカバーしたい部分から塗っていくことです。

・パウダータイプ

赤みの気になるところから顔の外側へ向かって塗っていきます。

肌全体に厚塗りにならないように薄くなじませましょう。
顔全体になじませることができたら、首と顔の境界線をなじませましょう。。

・リキッドタイプ

手の甲に大粒パール1粒分ほどをとり、赤みの期になる部分に少量ずつのせていきます。

おでこ、両頬、あご、鼻先にファンデーションをのせたら指の腹を使い、顔の外側に向かって伸ばしていきます。

薄く均一になるように伸ばしたら、スポンジで優しくポンポンとなじませましょう。
顔全体になじませることができたら、首と顔の境界線をなじませましょう。

これでベースメイクは完了です。

チークを塗る

赤ら顔だからチークは塗っていなかったという方も、思い切ってチークを化粧に入れてみてください。

ベースメイクをしっかりしているとチークをしても自然な色に仕上がりますし、赤みの部分を隠すこともできます。
ピンク系のチークは赤ら顔を強調してしまうので注意が必要ですが、暖色系のチークであれば健康的な肌に見せてくれるのでおすすめです。

アイメイクをしっかりする

アイメイクをしっかりすることで、赤い部分から視線をそらすという手もあります。

あまりに濃すぎると厚化粧の印象を受けたりするので、優しいブラウンやベージュなどの色を使うのがいいでしょう。

寒色系のアイシャドウは、赤みを強調してしまうので使わないようにしましょう。
ベースメイクをすることでナチュラルな見た目になり、赤ら顔もカバーすることができます。

これからは、化粧崩れや厚化粧に見られがちなメイクも卒業、外出が楽しめますね。

シェアする

フォローする