ニキビ跡による赤ら顔の治療方法

話題

ニキビができやすかったせいでニキビ跡が残ってしまって顔の赤みがとれなくなった・・・

 

そんなニキビ跡の赤ら顔の治療を調べてみました。

ニキビ跡による赤ら顔の治療

ニキビ跡による赤ら顔の治療には、皮膚科や美容皮膚科による治療があります。

ニキビによる赤ら顔の皮膚科治療

皮膚科ではニキビ跡による赤ら顔の治療は、主にニキビ治療と同じような方法がとられます。

 

外用薬と内服薬で治療していきますが保険適応されることが多いのも特徴です。

皮膚科で使われる「ニキビによる赤ら顔治療」に使われる外用薬

・ベピオゲル(ピーリング、殺菌)

・ディフェリンゲル(ピーリング)

 

・アクアチムクリーム(殺菌作用のある抗生物質)

・ダラシンTゲル(殺菌作用のある抗生物質)

皮膚科で使われる「ニキビによる赤ら顔治療」に使われる内服薬

・ミノマイシン錠(抗生物質)

 

他には、血行を改善する目的で遠赤外線治療を施してくれる皮膚科もあるようです。

 

ただ、皮膚科でのこうした治療はニキビを悪化させない、できにくくするだけの治療だと思ったほうが良いので肌をきれいにしたければ美容皮膚科に頼るようになるかと思います。

ニキビによる赤ら顔の美容皮膚科治療

美容皮膚科の治療では、レーザー治療やフォトフェイシャルなどが主です。

 

レザー治療では、保険適応外になる事がほとんですので治療費はかかりますが、ニキビ跡による赤ら顔には効果が高いと言われています。

 

使うレーザーの種類は、症状や肌質、担当医の診察によってちがいます。

使用されるレーザーや光の種類

ニキビ跡による赤ら顔には2つの種類があって、ニキビ跡が赤く炎症が残るタイプと、色素沈着してしまっている場合があります。

 

赤みの強いニキビ跡には

 

・フラクショナルCO2レーザー(湘南美容外科ではトライアル4,500円)

 

・Vビーム(湘南美容外科ではトライアル9,800円)

 

・クリアタッチ(城本クリニック7,000円)

 

などが使われます。

 

色紙沈着しているニキビ跡には

 

・メドライトC6(湘南美容外科ではトライアル7,500円)

 

・スペクトラ(湘南美容外科ではトライアル7,500円)

 

・ルビーレーザー(2mm以下2,430円)

 

などが使われます。

ニキビによるクレーターを伴う場合は、肌全体を入れ替える「フラクセルレーザー」がおすすめ(湘南美容外科で鼻1回7,690円)

 

他には、レーザー治療やフォトフェイシャルなどと一緒にピーリングやイオン導入を併用して行うこともあるようです。

皮膚科や美容皮膚科でのニキビ跡治療のリスク

上記のように様々な治療方法がありますが、保険適応外だとお金もかかりますし、治療によっては痛みを伴い、悪化のリスクさえあります。

 

一般的には、治ると考えられがちですが、「変わらない」「悪化した」「ずっと続けないといけない」など、良い事ばかりではないようですので、じっくり検討するためにも、まずは大手の美容外科(美容皮膚科)でカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

セルフケアは完ぺき?

リスクを伴う治療をする前に、ご自身のスキンケアをもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

もしかすると効果のない方法や製品を使っているかもしれませんから。

 

ニキビ跡による赤ら顔のセルフケアでは、「免疫力UP」、「皮脂の分泌制御」、「ターンオーバーを早める」乳酸菌を摂りいれ身体の中から整え、炎症によって弱ってしまっている肌バリアを整え、肌の調子を整える化粧品などを使用する事が大切です。

 

もしかしたら、セルフケアもまだ足りていないかも、って思われるなら変えてみるのも一つの手ですね。

 

ニキビ跡による赤ら顔のセルフケアには↓

ニキビ跡の赤ら顔化粧水は顔の赤みとニキビ跡のケアができる化粧水がおすすめ
ニキビ跡の赤ら顔に良い化粧水ってない? ニキビ跡の赤ら顔化粧水は「しろ彩」がおすすめ。 赤ら顔の原因になっている血管の拡張やニキビ跡のケアが一緒にできます。 しろ彩公式サイトはこちら>> ニキビや...