ニキビ跡による赤ら顔にレーザーは効果がある?

ニキビ跡による赤ら顔にはレーザーが一番いいと言われているけどイマイチ不安・・・

 

美容外科(皮膚科)で受けるレーザー治療は高額なイメージがありますし、傷跡が残ることもあると聞くので不安にもなりますよね。

 

ここでは、レーザー治療の方法(機械)や効果と合わせて実際にレーザー治療を受けた口コミを調べて掲載しています。

ニキビ跡による赤ら顔に使用するレーザーと特徴

 

フラクショナルCO2レーザー(フラクセルレーザー)

レーザービームで皮膚に開け、熱エネルギーを与えながら細胞再生を促すことによって、さまざまな肌のお悩みを解決できる画期的レーザー治療。

 

肌全体を入れ替えることができるため、ニキビ跡による赤ら顔にも人気の高いレザーです。

 

費用としては、例として全国展開最大手の美容外科皮膚科の湘南美容外科で鼻1回7,690円(初回トライアル価格)となっています。

 LP-YAGレーザー

LP-YAGレーザーは血液の赤い色素(ヘモグロビン)に吸収されやすい波長のレーザー。

 

加齢とともにできやすくなる、老人性血管腫や、中年以降の女性にできやすい血管の拡張(肌表面の糸みみず状毛細血管)を熱で壊して改善できます。

 

パルスの値を変れるので、問題個所以外の正常組織への熱損傷を最小限に抑えることがでるのも特徴です。

 

費用としては、例として品川スキンクリニックで、直径3mmにつき4,800円(非会員価格)となっています。

ダイレーザー

ダイレーザーは、血管の赤みに吸収されやすい585nmの波長を持つレーザー。

 

異常血管にのみに反応するようになっていて、正常組織の損傷は最小限になるように設計されていることから赤アザ(単純性血管腫・苺状血管腫)や毛細血管拡張症に効果があります。

 

費用としては、「毛細血管拡張症」「単純性血管腫」「苺状血管腫」と診断された場合は健康保険適用になるので出費を抑えられます。

 

ニキビ跡による赤ら顔だと保険適応外になります。

 

Vビーム

Vビームは赤い色素に反応して色素を吸収したりしたりするレザー。

 

赤い色素に対して反応するため赤ら顔などの赤い色素系の疾患の改善に効果的とされています。

 

波長が長いため、ダイレーザーに比べて深くまでレーザー光が到達、より深部の毛細血管を破壊することが可能になっています。

 

費用としては、例として全国展開最大手の美容外科皮膚科の湘南美容外科で顔全体1回9,800円(初回トライアル価格)となっています。

光療法

 

美容皮膚科で受けられる光療法としては、

 

・フォトOPS・・・広い範囲のしみや肝斑に良い

 

・ジェネシス・・・肌の代謝を促進する

 

・アキュチップ・・・色素の薄いしみ・そばかす、赤みに良く反応

 

・フォトRF・・・光と高周波を使った2つの治療が同時に行える

 

・ライムライト・・・老化した肌を活性化させ、真皮層のコラーゲンを増加させる

 

 

光療法はレーザーに比べ痛みが少なく、ダウンタイムがほとんどないのが特徴です。

レザーや光療法の口コミ

フラクショナルCO2レーザーを先日照射したのですが、2日目でも赤みは残っており色素沈着しないか不安です。
元々がそこまでにきび跡もなく毛穴治療のつもりで行ったのですが想像以上に赤くなり

不安です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159817467?__ysp=44Os44O844K244O8

美容皮膚科で体のシミとりのレーザー治療しましたが
悪化して治療前よりも断然ひどくなりました。
返金か、せめて元の状態に戻るまで無料治療を求めることは
常識的に無理なのでしょうか。

体にできたニキビ跡の色素沈着に悩み、
美容皮膚科に相談したところレーザー治療以外はきれいに治るのは難しいと言われ
半年間で計7回施術しました。
火傷のようになり治療前よりもかえってシミが強調されるように目立ってしまい、
よくなるどころか悪化してしまいました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1264788732?__ysp=44Os44O844K244O8

このように、レザー治療を受けて不安に感じていらっしゃる方もいるということですね。

 

また、レザー治療もスキンケアと同じで続けないと意味がないと言う口コミも見かけました。

 

一度始めたらほぼ永久的にやるしかないとなると手間やレザー治療にかけるお金を考えるだけでもぞっとしますね。

 

レザー治療を受けられるなら、まずは大手の美容外科(皮膚科)で無料のカウンセリングを受けられてから決められると良いかと思います。

日常でできるニキビ跡による赤ら顔ケア

レザー治療は上手くいく場合と、そうでない場合があるので常にリスクが伴います。

 

レザー治療も視野に入れつつ、毎日の生活でできるスキンケアでも肌のターンオーバーを促し新しい肌に生まれ変わることで改善が期待できます。

 

洗顔や保湿などのスキンケア、ニキビのできにくい身体になるためのインナーケアは完ぺきでしょうか。

 

日ごろ使っている製品を変えるだけでも肌が変わるかもしれませんね。

 

 

赤ら顔におすすめの化粧品↓

赤ら顔化粧水ランキング(男女兼用)タイプ別おすすめも掲載!
赤ら顔を治したい・・・ できれば自分で治せるのが一番いい。 無理でもせめて顔の赤みが和らぐスキンケアをしたいですよね。 そんな思いで顔の赤みを減らそうと、敏感肌用などの化粧水を使ってきたけど...

 

様々な赤ら顔におすすめできるサプリ↓

赤ら顔サプリメントは赤ら顔のタイプや悩みに合わせて選ぼう!
赤ら顔の体質改善にサプリメントを飲みたけど、どんなサプリメントが良いのか知りたい。 赤ら顔の原因は、外から受ける影響でなるだけでなく、中からの影響も兼ねあって起こっていることがおおいため、スキンケアだけでなくインナーケアも大切...