ニキビ跡による赤ら顔は皮膚科で治る?

ニキビ跡による赤ら顔は皮膚科で治る?

ニキビ跡による赤ら顔を何とかしたい!

皮膚科に通えば治るかな・・・

ニキビ跡による赤ら顔を病院で治療する場合は、皮膚科と言っても美容皮膚科になるかと思いますが主にレザー治療や光治療になります。

皮膚科での治療はリスクもある

レザー治療でも、ダイレーザー(色素レーザー)以外のレーザー治療や光治療は、健康保険の適応がないため、治療費が高額になります。

また、症状によりますが回数も通わないと効果が表れないことが多く手間や時間出費もかさみます。

肌質までも改善できる治療としては、フラクショナルレーザー(肌に微小の穴を開け肌再生を促す)がニキビ跡の赤ら顔にも効果が高いと人気になっていますが治療費も高く、治療を辞めると肌の調子が悪くなるので続けないとだめだという口コミも見られます。

他に皮膚科の治療としては、ニキビ治療と同じような治療(ケミカルピーリングや内服薬、外用薬、イオン導入など)が行われますが、レーザーにしても光治療にしても確実に治るとは言い切れないようですね。

病院で治療をするとすれば、実績の多い大手の美容皮膚科でカウンセリングを受け、納得してから受けるようにすると安心感が違います。

大手美容皮膚科では、必ずといっていいほど無料でカウンセリング(診察)してくれるので利用し充分に納得してから行ってくださいね。

日頃のケアを見直すだけでも改善が期待できる

時間がかかるかもしれませんが、ニキビ跡による赤ら顔は日頃のスキンケアでも改善が期待できます。

ニキビ跡による赤ら顔のスキンケアとしては、ニキビ跡の赤みを消すために繰り返す炎症で拡張した血管や肌の炎症を沈める事で肌の赤みが消えていきます。

ニキビ跡の赤ら顔に良い成分

血管の拡張を沈める・・・「海洋エキス(プランクトンエキス)」「ビタミンK」

成分として炎症を沈める・・・「カンゾウエキス(グリチルリチン酸K)」

ターンオーバーを促し、皮脂バランスを整え、肌の酸化を防ぐ・・・「ビタミンC誘導体」

肌再生を促す・・・プラセンタエキス

などが配合された化粧水良いです。

ニキビ跡の赤ら顔に良い化粧水↓

私の肌は酒さで年中赤ら顔。 恥ずかし顔の赤みを何とかしたくて色々試していますが、今回は酒さの症状の一つでもある血管の拡張に良い...

まとめ

ニキビ跡を皮膚科で治すにはレーザー治療が有効ですが、リスクがあるだけでなく費用や手間もかかります。

レーザー治療を受ける場合はカウンセリングでリスクを理解して受けるようにしましょう。

シェアする

フォローする