ニキビやニキビ跡による赤ら顔の洗顔方法

ニキビやニキビ跡による赤ら顔の洗顔方法

ニキビやニキビ跡による赤ら顔の洗顔ってなにか特別にしないといけないのかな・・・

そう思っている方もいるかと思います。

そこで今日は、ニキビやニキビ跡による赤ら顔の洗顔方法を紹介したいと思います。

ニキビやニキビ跡による赤ら顔の洗顔で気を付けること

ニキビやニキビ跡で顔が赤くなっている時は、肌が炎症を起こしその炎症自体がくすぶっている場合と色素沈着によって顔に赤みが残っている場合があります。

どちらにしても繰り返す炎症で肌がとても弱っているので、洗顔する時も肌に刺激を与えないことを一番に考えて顔を洗うようにするのがポイントです。

肌に刺激を与えない洗顔

・洗顔の時の水の温度は、ぬるま湯(32~35度)

・洗顔料はしっかりと泡立て、直接手が肌に触れないように洗う

・洗顔料が肌に残らないようにしっかり洗い流す。(30回くらいを目安に)

・洗顔料は肌に優しいものを選ぶ

・ピーリングではなく酵素洗顔を使う

・保湿にも気を遣う

洗顔の仕方

洗顔料をしっかり泡立てたら、力を入れずに、そして手が肌に触れないような感覚で泡だけで肌をなでるように洗いましょう。

くるくると円を描くようなイメージで、必ず擦ることがないようにしてくださいね。

洗顔の順番としては、皮脂の多いTゾーン、頬、口や目の順で洗いましょう。

洗顔料を洗い流す時もぬるま湯を使い、ぱしゃぱしゃとお湯を顔にかけるようにして、手で擦り落とさないように注意してくださいね。

泡残りがないように、髪の毛の生え際やあごなどもしっかりすすぎましょう。

すすぐ回数の目安は30回です。

顔を拭く時は、洗顔の時と同じで、擦ることがないようにタオルを顔に押さえるように拭かないと、水分でふやけた皮膚が傷んでしまいます。

絶対に擦らないように気を付けでくださいね。

洗顔料の選び方

ニキビやニキビ跡で赤ら顔になっている時の肌はまだまだ肌バリアが回復していない状態です。

ニキビができやすい人は皮脂が多く分泌されている方が多いと思いますが、皮脂を洗い流そうと洗浄力の強い洗顔料を使いがちですが、過剰な皮脂の分泌は洗浄力の強い洗顔料を使っているせかもしれません。

洗浄力のマイルドなものにするだけで、肌が落ち着く可能性もありますので、できるだけ肌に優しい洗顔料に変えるようにすると良いですね。

おすすめは、ニキビ専用(保湿成分の多い)洗顔料や後でも説明する酵素洗顔料です。

酵素洗顔を使うなら、ピーリングが良いんじゃないか?と思われるかもしれませんが、自分で肌を傷めないようにピーリングをするのはとても難しいと感じるからです。

ピーリングは角質を確実に取り除いてくれはしますが、必要な角質まで剥がしてしまうこともあり加減が難しいので、できれば専門家にやってもらう(専門家の指導でやる)のが無難です。

のそかわりに、セルフケアとしてピーリング作用が穏やかで、毎日使用できる酵素洗顔をおすすめできると言うわけです。

酵素洗顔の中でも古い角質だけに反応し分解してくれる酵素を使った酵素洗顔がありるのでそちらをおすすめします。

フェイスラインのザラツキや角栓なども酵素洗顔を続けることによって解消できるので一石二鳥です。

洗顔後の保湿には

洗顔後は、肌が乾いてしまう前に化粧水でたっぷり保湿すると良いです。

でも、何の化粧水でも良いわけではなく、ニキビやニキビ跡のケアに最適な成分が配合された化粧水を使うのが良いです。

ニキビやニキビ跡に良い成分は、ビタミンC誘導体やプラセンタ、甘草エキス(グリチルリチン酸K)、セラミドなど。

顔の赤みの原因となっている血管の拡張にはビタミンKやプランクトンエキス(海洋性エキス)などが配合された低刺激の化粧水がおすすめです。

ビタミンC誘導体・・・皮脂バランス、毛穴の引き締め、抗酸化、コラーゲンを増やす、ターンオーバーの促進

プラセンタエキス・・・肌細胞活性化(EGF、FGF作用)、美白、抗炎症、セラミドを増やす

甘草エキス(グリチルリチン酸K)・・・炎症を沈める、メラニン生成を抑える、セラミドを増やす

セラミド・・・肌バリアを強化すす、水分の蒸発を防ぐ

ビタミンK・・・血行改善、抗酸化作用

プランクトンエキス(海洋性エキス)・・・血管の拡張を沈める、保湿、皮膚常在菌善玉菌活性化

などの働きがあり、こうした成分がすべて配合されている化粧水なら「しろ彩」があります。

化粧水の塗り方

化粧水を塗る時も肌を傷めないように優しく扱います。

化粧水を手のひら全体になじませ、手で優しく肌に押しあてるようにハンドプレスして化粧水をなじませていきます。

コットンを使用されている人もいると思いますが、刺激になってしまうことがあるので、手で塗るのが1番いいと思われます。

続けることが大切

いかがでしたか?

このように、ニキビやニキビ跡に良い洗顔や保湿を続けることによって、症状が改善される近道になります。

ただ、スキンケアは長期間実践して効果があるもなので、即効性が得られなくても諦めずに続けることが肝心です。

すぐに効果を実感できなくても根気よく続けてみてくださいね。

ニキビやニキビ跡による赤ら顔に評判の良い化粧品↓

ニキビ跡の赤ら顔に良い化粧水ってない? ニキビ跡の赤ら顔化粧水は「しろ彩」がおすすめ。 赤ら顔の原因になっている...

シェアする

フォローする