赤ら顔の日焼け止めはこれで決まり!肌が荒れていても安心して使える

日焼け止め

 

赤ら顔に大敵になる紫外線対策はバッチリでしょうか?

 

でも赤ら顔の肌はとても敏感。

 

日焼け(SPF、PA)のことだけ考えて日焼け止めを選んでしまうと大変なことに・・・。

 

どんな日焼け止めを選ぶかによって、肌あれや刺激の心配がありますよね。

 

赤ら顔は皮膚が薄く外的ダメージを受けやすいので日焼け止めを選ぶのも注意が必要。

 

赤ら顔を予防、改善のためにしている日焼け止めも実は悪化させてしまう原因になってしまうのでしっかり選べるよう「日焼け止めの選び方とおすすめできる日焼け止め」を紹介しています。

 

赤ら顔の人が日焼け止めを選ぶポイント

 

肌の敏感な赤ら顔の人が日焼け止めを選ぶポイントとして、ファンデーション気を付けておきたいのは「数値(SPFとPA)」と「紫外線をカットする成分」です。

 

数値

SPF

日焼け止めのパッケージに書かれているこの表示を目にしたことはあると思います。

 

SPFとは、紫外線のB波をどのくらいの時間防ぐことができるかという目安になっています。

 

SPF50なら、日焼け止めクリーム(ジェル)を使わないときと比べて50倍の時間をB波からまもってくれるということですね。

 

時間で換算すると1PSF=15分なので、SPFが50なら750時間、12.5時間となりますが、実際は汗や皮脂、摩擦などで落ちるので、どちらにしても2,3時間ごとの塗り直しは必要になります。

PA

 

PA+とは、紫外線A波に対しての防御力がどのくらいあるかを示しています。

 

紫外線A波に対して、防御力が高くなるとPAの隣についている「+」の数が多く表示されています。

 

これらの指数が高ければ高いほど紫外線A波から守る力が強いという訳です。

 

紫外線をカットする成分

 

赤ら顔にとって紫外線が肌に与える影響はとても大きいです。

 

でも赤ら顔の場合、SPFやPAを重視して防御力ばかりみて選べばいいという訳ではないので、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が肌に刺激を与えてしまい、赤ら顔を悪化させてしまう原因にもなります。

 

紫外線吸収剤

 

紫外線吸収剤は紫外線を吸収するために肌に熱を持つと言われています。

 

吸収した熱の影響を受けないためにコーティングしてあるものもあります。

 

一時期カット力を均一にし効果を高めるためにナノ化されたものも出回りましたが、健康被害の心配があるということで現在は販売されていないと思います。

 

紫外線散乱剤

 

紫外線散乱剤はノンケミカルとか言われて肌に優しいイメージがあると思いますが、実はそのままだと肌を乾燥させます。

 

コーティングしてあるものが良いです。

 

また、肌に塗ると白浮きしたり肌の色が紫っぽく変化するものが多いので肌の色がイエロー系やダークカラーの方は顔の赤みが余計に目立ったり顔色が悪く見えるのでおすすめできません。

 

石鹸で落とせるものを

 

クレンジングは、もともと薄くなっている角質のバリア層を洗い流してしまいます。

 

赤ら顔の人は、SPFやPAだけを重視するのではなく、敏感肌の人でも使いやすい低刺激かつ専用クレンジングの必要のない世間で落とせる日焼け止めを極力選ぶようにしてください。

 

低刺激で石鹸で落とせる日焼け止めは、SPFやPAが低めであるものが多く日焼け止めとしての効果が長続きしないイメージがありますが、最近の日焼け止めはすごいです。

 

肌に優し石鹸で落とせるものでも、SPFやPAなどの日焼け止め効果が高く持続性があるものが増えてきています。

 

赤ら顔に一押しの日焼け止め

 

肌がとても敏感な赤ら顔は、肌に刺激となるものが入っていない、かつ、洗顔時に肌の負担にないないように石鹸で落とせる日焼け止めが良いと説明したとおりピッタリの日焼け止めを見つけました。

 

NALC(ナルク)パーフェクト ウォータープルーフ日焼け止め

NALC(ナルク)日焼け止めは、SPF50+、PA++++、ウォータープルーフで日焼け止めスペックマックスなのに肌に優しい。

 

赤ら顔の場合できるだけ界面活性剤を使用した化粧品を使わないほうが良いのはご存知だと思いますが、このナルクは特殊技術で界面活性剤を使わず水に非常に強い日焼け止めとなっています。

 

刺激の強いアルコール(エタノール)など肌に刺激となる成分も入っていないのも魅力です。

 

しかも、石鹸で落とせるので肌に負担もかかりません。

 

赤ら顔の大敵となる紫外線をどんなときもトコトン遮断でき肌に負担の少ない日焼け止め。

 

NALC(ナルク)パーフェクト ウォータープルーフ日焼け止めの詳細はこちら

 

ロベクチンプレミアムUVディフェンス

赤ら顔の顔色をカバーできる日焼け止め。

 

肌に優しくナチュラルに仕上がるベージュカラーの日焼け止めクリームです。

 

SPA50、PA+++、ロングUVカット効果あり

 

抗癌剤治療や放射線療法の副作用である酷い肌トラブルに悩むガン患者の方でも使える優しさ設計で肌が敏感な赤ら顔でも大丈夫。

 

男性の赤ら顔隠しや化粧下地としてもバッチリ活躍してくれます。

 

ロベクチン プレミアムUVディフェンスの詳細はこちら

 

赤ら顔の悪化を防ぐために

 

赤ら顔は肌バリアがみだれているので紫外線の影響をまともに受けます。

 

そのため紫外線を浴びると赤ら顔の症状が悪化することが多く顔の赤みも増しますので、肌に優しい日焼け止めでしっかり紫外線カットしてくださいね。