赤ら顔のケアにアルコール入りの化粧水はタブー!?

赤ら顔のケアにアルコール入りの化粧水はタブー!?

赤ら顔のケアには化粧水がいいって聞きますよね。

確かにアルコール入りの化粧水はスーっとしてサッパリ、使用感もいいので皮脂の分泌が多めな赤ら顔にとっては気持ち良く使えます。

アルコール(エタノール)は、殺菌作用も高いので化粧水の品質保持にも役立っています。

老化や肌トラブルを招く肌トラブル

でも、化粧水に入っているアルコール(エタノール)って病院で注射をする時に消毒として使われる消毒剤と同じで、とても揮発性が高いので肌が傷んでいる赤ら顔にはタブーなんです!

化粧品に配合されるアルコールと呼ばれる成分は、エチルアルコールといってエタノールと表記されている場合もありますが、揮発性が高く蒸発する時に肌の水分まで一緒に蒸発させてしまい、肌バリアを壊してしまいます。

注射の時の消毒もスーっとしてすぐに乾くでしょう?気持ちがいいけど後で肌がかさついた感じになります。

それと同じだと思ってもらうと判りやすいかもしれませんね。

長く使用し続けると、インナードライになり肌に乾燥を感じるのに皮脂が多く出るなどの症状がでる人もいるようです。

インナードライになると、肌の水分不足により肌老化が進行し、肌バリア機能が正常でないため乾燥、ニキビ、脂漏、赤ら顔、肌荒れなどの肌トラブルにみまわれます。

いつも手を消毒をしてるお医者さんの手が荒れているのはこのため。

できるだけエチルアルコール(エタノール)配合の化粧水は使わないほうが無難です。

同じアルコールでも揮発性の低いアルコールもある

エチルアルコールの他に化粧水に良く配合されているのが、「ベへニルアルコール」、「ステアリルアルコール」、「イソステアリルアルコール」や「セチルアルコール(セタノール)」などです。

こうした成分も語尾にアルコールが付きますが、エチルアルコールとは全く別物で脂肪族コールと言われ、製品の粘度を高めたり揮発性は低く化粧品の粘度調性や成分の乳化などのために配合されます。(イソステアリルアルコールは液体の油分で肌の柔軟や乳化に使用される)

揮発性もなく皮膚炎の刺激もありませんので、同じアルコールでもエチルアルコールと間違えないようにしてくださいね。

また、エタノールと言えば「フェノキシエタノール」という語尾にエタノールとつく成分がありますが、化学構造からアルコールと呼ぶだけで全くの別物で、私たちのなじみのある日本茶(玉露)から抽出した防腐剤です。

まとめ

説明させてただいたように、同じアルコールでも揮発性を伴うアルコールとそうでないアルコールがあって、揮発性の高いエチルアルコール(エタノール)が蒸発(気化)する時に肌の水分までも奪っていく事で肌に悪い影響を及ぼします。

赤ら顔の人は、水分不足はもちろん、肌バリアも壊れている方がほとんどです。

エチルアルコール(エタノール)に気を付けて、肌に優しい化粧水を選ぶようにしたいものですね。

赤ら顔に評判の良いアルコールフリーの化粧水↓

顔の赤みをなくしたい! いったん赤ら顔になってしまうとなかなか治らなくて困ってしまいますよね。 赤ら顔のケアに化...

シェアする

フォローする