毛細血管拡張のある酒さ効くのはクリームより化粧水かも。

話題

 

毛細血管拡張のある酒さに効くと言われるクリームの中には、ビタミンK配合のクリームなどがありますね。

 

最近では血管拡張に良い成分が浸透していて化粧水の方が酒さのケアに最適なんです。

 

クリームは油分が強かった成分が浸透せず、肌の上に残ることや赤面に多くの皮脂の分泌と混ざり合い毛穴を詰まらせ、吹き出物やニキビの原因にもなるなどの不満の声もあったようですね。

 

確かに、私も皮脂が多量に出るタイプの酒さですのでクリームはあまり使えませんね。

成分の浸透性または持続性を高めた化粧水

 

そういった問題を解決したのが浸透性の高い化粧水で、今では、赤ら顔専用の化粧水が発売され、評判になっています。

 

販売されている赤い顔用の化粧水には、それぞれ特特があってビタミンKを配合した化粧水やセラミドを高配合した化粧水、血管拡張を抑える成分やビタミンC誘導体などを配合した化粧水などがあります。

 

その中でも、様々な美容成分をラメラ構造化し浸透力と成分の持久性を兼ね備えたハイブリッドなオールインワン化粧水が話題になっています。

 

※ラメラ構造化とは、化粧品の水分や油分、美容成分などを肌の構造に似せて作られているものも肌と同じ構造から浸透性や肌に馴染みもよく、角質内にとどまり成分の効果限界で発揮できると言われている乳化技術です。

酒さのケアに必要な成分

その化粧水には、赤面のケアに必要な

 

血管の拡張を沈める成分や炎症を抑える抗炎成分である「プランクトンエキス(海洋エキス)」

 

肌のタンオーバを正常化し、コラーゲン生成を助け、肌の酸化を防ぐ「ビタミンC誘導体」

 

炎症を沈め、セラミド生成を促す「カンゾウエキス」

 

肌バレアをサポートし、水分の蒸発を防ぐ「セラミド」

 

肌細胞を活性化させ、肌の生まれ変わりをサポートする「プラセンタエキス」

 

などをはじめとする、赤面に欠かせない成分をたっぷり配合し、ラメラ構造に仕上げた化粧水が販売されています。

 

乾燥が原因の赤面、ニキビやニキビ跡が原因の赤い顔、血管の拡張が原因の赤面のケアに人ととっています。

 

86%もその人に赤み軽減が見られ、軽度度は46%にもなります。

 

そんなあなたに化粧水があるんです。

 

また、化粧水ですのでずっと付かない、朝もまた赤面を隠すためのメイコもヨレないとこも魅力の一つです。

 

まずは化粧水でケアしてみてはいがができます。

 

酒さに良い化粧品↓

http://healthandbeautyblog.info/161/