赤ら顔で脂性肌なのは皮脂腺が関係している?

赤ら顔

顔が赤くて恥ずかしい、メイクで隠せない、こんな悩みを抱えていませんか。

 

赤ら顔で脂性肌なのは皮脂腺が関係しているかもしれません。

 

では、どうして赤ら顔で脂性肌だと皮脂腺が関係している事になるのでしょうか。

 

まず、脂性肌と皮脂腺について知る必要がありますね。

脂性肌とは

肌には自らを守る力があります。

 

皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざり、油膜を作って肌を守っているのです。

 

この皮脂分泌が過剰になった状態を脂性肌といいます。

 

皮脂分泌が過剰になる原因にはさまざまあります。

 

思春期の場合は、成長ホルモンの分泌が活発になり、その影響で皮脂分泌が活発になります。

 

大人の場合は原因がいろいろとあります。

 

年齢に合わない間違ったスキンケア、食生活、ストレスや睡眠不足など生活習慣、ホルモンバランスなどが関係をしています。

脂性肌で赤ら顔になる原因とは

脂性肌で赤ら顔になるのは、皮脂腺の多い場所、つまり皮脂が多く出る場所に起こっていると思います。

 

その顔の赤みは皮脂による炎症です。

 

皮脂が過剰に分泌されると、肌の上に余分な皮脂がたまり、空気に触れて酸化しやすい状態になります。

 

酸化した皮脂と肌にもともと存在する菌が反応をすると炎症が起り赤くなります。

 

脂性肌は皮脂腺からの皮脂分泌が多く、皮脂の分泌量が多い鼻や鼻のわきなどが赤くなりやすいです。

 

単に皮脂で炎症を起こしている場合もありますが、そこに真菌(マラセチア菌)が繁殖すると脂漏性皮膚炎になります。

 

 

マラセチアは人の皮膚に常在する菌で、皮脂が多い環境を好みます。

 

マラセチアが異常増殖をすると、菌が作り出す物質で肌が炎症を起こして赤くなると考えられています。

 

症状は、

・毛穴の開き

・顔の赤み

・かゆみ

・チクチクした刺激を感じる

 

などの症状があれば脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。

 

心配な場合は、脂漏性皮膚炎に詳しい皮膚科で診てもらう事をおすすめします。

脂性肌の赤ら顔のケア方法

軽症であればインナーケアやスキンケアなどの自宅でのケアで赤ら顔が改善することもあります。

インナーケア

インナーケアとしては、ビタミンB群に皮膚を健康に保ったり皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので積極的に摂るようにすると良いです。

 

ビタミンB1は豚肉やうなぎに多く、ビタミンB2はレバー、うなぎ、納豆などに多く、ビタミンB6はマグロやカツオに多く含まれています。

 

抗酸化作用の高い、ビタミンⅭやポリフェノールなども皮脂の酸化を防いでくれるのでおすすめです。

 

忙しく食事に気を遣う時間がないという方は、サプリメントで補うのも良いですね。

 

ストレスや睡眠不足、過度の疲れなどは皮脂の分泌を激しくし、酸化の原因になるので思い切ってしっかり休む事も必要です。

スキンケア

脂性肌は皮脂腺が集まっている皮脂が多く分泌する場所に炎症を起こして赤ら顔になっている可能性があるので、洗顔をして余分な皮脂を取り除くことが大切です。

 

ただ、洗顔のしすぎには注意が必要です。

 

必要以上に洗顔をすると、必要な潤いまで落としてしまい肌が乾燥をします。

 

肌が乾燥すると水分と油分のバランスが崩れて、肌を守るために逆に皮脂の分泌が活発になってしまいます。

 

また、炎症で肌が弱っているため肌をこすらず優しく洗うことを心がけることの大切です。

 

洗浄力の強い洗顔料、特に合成仮面活性剤を含む洗顔フォームなどは避けたほうが無難です。

洗顔後は肌が乾燥しないよう、水分と油分のバランスを保つために保湿ケアも行うことも忘れずに。

 

水分ばかりのさっぱりした化粧品を使用していると肌の乾燥が進行して、反って皮脂分泌を活発にすることがあります。

 

かといって、クリームなどの油分の多い化粧品は症状を悪化させる可能性も高いので、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、NMFなどをたっぷり配合した化粧水が高い保湿効果がありますので、そうした化粧品を選ぶようにすると良いです。

 

 

軽度の脂漏性皮膚炎だと感じるなら、肌の菌のバランスを整える洗顔料や保湿剤があるのでそちらを試してみると良いかもしれませんね。