赤ら顔におすすめのフェイスクリーム。肌のバリア機能を高め外部の刺激や乾燥に負けない肌へ

クリーム

 

赤ら顔の肌は肌バリアが弱くなっています。

 

そんな肌に良いクリームは、肌の保護をしてくれる成分や肌バリア成分(セラミドなど)の保湿成分をたくさん配合したクリームがおすすめです。

 

ここでは、赤ら顔の敏感な肌に最適な、肌バリア機能を高め、外部の刺激や乾燥から肌を守れる評判の良いクリームを厳選しておすすめ順にランキングしています。

1位)ロベクチン

 

ロベクチンは肌を保護する障壁(スキンバリア)の構成成分である脂質を植物由来の天然脂質で再現したシルキーシールドベースクリーム。

 

独自のバリアリペアコンプレックスで、バリア機能が損なわれているお肌の油水分バランスを取り戻し、うるおいを離さず角層1つ1つを隙間なく整えます。

 

発がん性物質、パラベン、石油系界面活性剤、人工香料、アルコール系溶媒、環境ホルモン、
コメドジェニック成分、石油ベース成分、着色料、ホルムアルデヒド系防腐剤など接触性皮膚炎を引き起こす可能性がある物質、アレルゲン、農薬成分は含んでいません。

3,980円、送料決済手数料無料、14日間返金保証付きで試せます。

 

ロべクチンの詳細はこちら

 

2位)クラウンセルクリーム

 

肌バリア機能を高めるために、肌表面だけでなく細胞間脂質の保湿に注目して作られたセラミドクリーム。

 

細胞と細胞間をしっかり保湿できることによって、肌バリア機能を高め、ターンオーバーを正常化しトラブルのない肌へ。

 

1,300円、送料無料、30日間返金保証付きで試せます。

 

クラウンセルクリームの詳細はこちら

 

3位)ティモティア保水バリアクリーム

 

ティモティア保水バリアクリームは、高い技術でセラミドを結晶化し乳化剤を使わずに乳化浸透させる事に成功した結晶セラミドクリーム。

 

肌と同じ構造のバリア構造で、外部の刺激や乾燥から肌を守ってくれます。

 

セラミドのバリア機能を高める、ナイアシンアミドやサンホワイトのバリア機能保護効果も期待できます。

 

パラベン、防腐剤、合成ポリマー、フェノキシエタノール 合成香料、石油系界面活性剤不使用で肌に優しい。

 

500円、送料無料のトライアルセットで試せます。

 

ティモティア保水バリアクリームの詳細はこちら

 

ティモティア保水バリアクリームの口コミはこちら↓

ティモティア・保水バリアクリームの口コミ♪アトピー、赤ら顔、敏感肌、乾燥肌に
ティモティア・保水バリアクリームは、敏感肌専用クリーム。 肌のうるおいを守り、外部刺激から守るという重要な役割を持っているセラミドを浸透しやすいように肌と同じ液晶構造にする特殊技術使い『液晶セラミド』にして配合。 ...

4位)ADリッチクリーム

 

業界初のかゆみの原因である黄色ブドウ球菌にピンポイントで働く、抗体入りのダチョウ黄卵エキスを配合した美容クリーム。

 

アトピーや敏感肌などのかゆみに直接働き、お肌を掻くストレスから解放し、バリア機能の再構成を促します。

 

3,250円、送料無料、30日間返金保証付きで試せます。

 

ADリッチクリームの詳細はこちら

 

5位)アトピスマイル クリーム

 

皮膚水分保持能を改善できる成分として、世界で唯一認められた医薬部外品有効成分「ライスパワーNo.11」を配合した薬用クリーム。

 

基底層まで浸透し、肌の奥から水分を保つ力が維持できるようになります。

 

2,500円、送料無料で試せます。

 

アトピスマイルクリームの詳細はこちら

 

赤ら顔にクリームを使う時のコツ

 

赤ら顔の方は、皮脂の分泌が多い方や肌表面の温度が高い方は、油分の多いクリームを沢山塗ってしまうと熱が肌にこもって逆に乾燥を招くことがあります。

 

そうなってしまうと肌バリアがさらに壊れ逆効果になることもあるので、最初は適量より少ない量を付け様子を見て徐々に増やすようにしてみてください。

 

最初は耳かき1さじ程度を手に塗り広げた後、ハンドプレスすように付け様子見を。

 

量が少ないと付けた感はありませんが、徐々に増やすと良いですね。

 

肌の乾燥がひどい場合は、最初からたっぷり塗って保湿(保護)してくださいね。

赤ら顔を治すには

 

赤ら顔を治すには、赤ら顔の原因になっている毛細血管の拡張や肌の炎症を沈めるために、炎症を沈めたり外部の刺激から肌を守る事が大切になります。

 

バリア機能を高められるクリームで、外部の刺激や乾燥に負けない肌を目指すことで、顔の赤みも和らぎます。

 

継続が大切になりますが、コツコツケアしてみてくださいね。