赤ら顔はエタノールに気を付けるべき?

化粧品

赤ら顔のケアにエタノールは良いのかな?

 

と思っているなら、成分にエタノールが入った化粧水は避けたほうが良いです。

 

エタノールは役目は清涼感などの使用感を演出したり、ヒヤッとした冷感から肌の引き締め(収れん)、製品のための殺菌、防腐のために入っています。

 

イメージしやすいのが注射の時にする消毒です。

 

す~っとしてすぐに乾きますよね。

 

赤ら顔はになっている肌は、肌荒れや炎症を起こしていることも多く、角質層のバリアが不完全ですので揮発性があるエタノールを使うと「ピリピリ」したり、「ヒリヒリ」、「カ~っとなる」などの刺激を感じると思います。

 

刺激があると血管が拡張されますので顔の赤みが増しますし、刺激自体で肌の状態が悪くなる場合もあります。

 

揮発することによって、肌の水分が蒸発し肌の乾燥も招きます。

 

赤ら顔はタダでさえ薄く肌の水分が蒸発しやすい状態なのに、もっと水分が蒸発してしまうと今より肌が弱くなってしまいます。

 

こうしたことがあるので、エタノールが配合された化粧水は避けることをおすすめします。

赤ら顔に使いたい化粧品

 

 

赤ら顔に使いたい化粧品は、エタノール不使用はもちろん、赤ら顔の原因となっている血管の拡張を沈めてくれる海洋性エキスや、肌の炎症を沈めてくれる「グリチルリチン酸K」、肌バリアの働きと肌の水分を逃がさないようにする働きのある「セラミド」などを配合した化粧品です。

 

代表的な化粧品としては赤ら顔専用化粧水の「しろ彩」「ulu(ウルウ)シェイクモイストミルク」、「ビタKレッドXトナー」などがあります。

 

赤ら顔のケアに何を使ったらよいか心配していたんでしたら、顔の赤みが気にならなくなったと評判の赤ら顔専用化粧水でケアしてみてくださいね。

 

 

評判の良い赤ら顔化粧水はこちら↓

赤ら顔化粧水ランキング(男女兼用)タイプ別おすすめも掲載!
顔の赤みをなくしたい! いったん赤ら顔になってしまうとなかなか治らなくて困ってしまいますよね。 赤ら顔のケアに化粧水を選ぶなら、赤ら顔改善に役立つ成分を配合してる赤ら顔専用化粧水があります。 赤ら顔...