グルコオリゴ糖とは!?

グルコオリゴ糖とは!?

グルコオリゴ糖とは、どんな成分でどんな働きをするのでしょうか。

グルコオリゴ糖は別名「α-グルカンオリゴサッカリド」や「バイオエコリア」という名前で、原料は、ショ糖や植物(小麦やトウモロコシなど様々)のデンプンを生成し糖化したマルトース(麦芽糖)の化合物。

そのマルトースから、酵素で合成された天然のオリゴ糖です。

グルコオリゴ糖の効果

食べる

グルコオリゴ糖は食用としては甘味料の仲間で、食べると腸内細菌のエサになり腸内環境を良くしたり、免疫力を高める効果もあるとして科学者たちに注目されています。

腸内環境は健康や美容に大きくかかわっているので、気にして摂り入れたい成分の一つになりそうです。

一般的に食べているのは通常のオリゴ糖や麦芽糖(水あめ)などになります。

肌に付ける

グルコオリゴ糖は、肌に付けることで肌の柔軟や保湿と共に、私たちの皮膚に住んでいる皮膚常在菌の中の表皮ブドウ球菌(善玉菌=美肌菌)のエサになり、肌に有益な菌だけを特別に繁殖させる事ができる成分としても話題となっています。

表皮ブドウ球菌(善玉菌=美肌菌)とは、肌の潤いを保つグリセリンを合成、悪玉菌が繁殖しないよう肌を弱酸性に保つ働きをしたり、雑菌から肌を守る抗菌ペプチドも生成していることが分かっています。
美肌菌が少ない肌は、乾燥を招くだけでなく悪玉菌が繁殖しやすいと言われています。
悪玉菌の多くなると肌はアルカリ性に傾き炎症が起こりやすくなります。
アトピー、ニキビ、脂漏性皮膚炎などは菌のバランスが崩れたことによって起こっている事も判っています。
こうした肌トラブルを防ぐためた、乾燥から肌老化を防ぐためにも美肌菌を増やす事が大切になります。
ことから、グルコオリゴ糖は美肌菌を増やす成分として化粧品に配合され「美肌菌化粧品」として販売されています。

与える美容から自分で潤う美容

グルコオリゴ糖を配合した化粧品は、与える美容から自分で潤う美容して注目され始めました。

自活力を育てる美容などともいわれています。

まだ数は多くありませんが、グルコオリゴ糖を配合した化粧品が通販をメインに販売されています。

グルコオリゴ糖を配合した化粧品はこちら↓

肌に住む善玉菌を活性化し増やすことが美肌の秘訣と言われていますね。 美肌菌が増えることで、自らが潤い守れる肌(自活肌)...

食べることで腸内の善玉菌を増やし環境を整え、肌に塗ることで皮膚常在菌のバランスを整え美肌に導いてくれるとても素晴らしい成分だと言うことが分かりましたね。

シェアする

フォローする