アトピーと皮膚常在菌の関係

アトピーと皮膚常在菌の関係

私たちの皮膚には無数の常在菌が存在し、腸内細菌と同じく菌のバランスを保つことで肌の健康を保ってくれています。

主な皮膚常在菌は、「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「アクネ菌」「マラセチア菌」などをはじめとする菌が1兆個以上も生息し共存していると言われています。

皮膚常在菌でも皮膚にとって良い働きをする「表皮ブドウ球菌(有用菌)」は、皮脂や汗をエサにし酸性の保湿成分を排泄して酸に弱い「黄色ブドウ球菌(有害菌)」の侵入や異常増殖を防いでくれています。

アクネ菌やマラセチア菌も異常繁殖すれば肌にとって有害ですが、適度に存在する分には余分な皮脂や古い角質を食べてくれています。

アトピーと関係ある黄色ブドウ球菌と表皮ぶどう球菌

4.0.4

現在、アトピーの研究で分かっていることはアトピー性皮膚炎を発症する直前に肌をアルカリ性にかたむけ炎症を起こす黄色ブドウ球菌が異常繁殖し、肌を守ってくれる成分を分泌する表皮ブドウ球菌が急激に減っていることが判っています。

そうなる原因は定かではありませんが、我が家で思い当たることと言えば「風邪や中耳炎などで頻繁に抗生物質を飲んでいた」「清潔にし過ぎた」「体質」などです。

最近では、抗生剤は体に住む菌を弱らせるとして多用されなくなりましたが、数年前までは咳でも、頭痛でも風邪と診断されれば必ず抗生物質を飲むように言われていましたし、

また、アトピー持ちの子供が生まれた時は、神経質なほど清潔にしていました。

あと、やっぱり持って生まれた体質ですかね。

でも、アトピーを発症したと同時くらいにアレルギーも発症しましたから融合したんでしょうね。

これは私が感じた事ですが、少なくても皮膚常在菌のバランスが崩れることもアトピーになる原因の一つだと感じています。

アトピー改善と皮膚常在菌

菌

体質改善はもちろん、皮膚常在菌のバランスを整えることが大切です。(これがなかなか難しいんですが・・・)

皮膚常在菌のバランスを整えるには、体や顔、頭を洗う洗浄剤を見直すことや、洗い方の見直し、保湿などスキンケア全般の見直しが必要です。

皮膚常在菌は、洗顔や入浴である程度洗い流されますが、毛穴や角質の奥に隠れていて、肌に残った皮脂などをエサにして、わりと素早く元通りに繁殖します。

ですが、アトピーの人は元々皮膚常在菌のバランスが崩れていることと、皮膚常在菌自体が少ない事から、スッキリ、さっぱり洗うと元に戻るのに時間がかかります。

また、石けんやシャンプーなどの界面活性剤は角質まで浸透し隠れている皮膚常在菌まで洗い流されてしまいます。

皮膚常在菌をディープに洗い流さないように、「熱いお湯を使わない(バリア層が溶け出す多ため)」「できるだけ肌に優しい洗浄剤を使うこと」「時間をかけない」などが肝心です。

また、洗浄後のスキンケアもできるだけ肌にとって良い働きをする表皮ブドウ球菌が増えるようなケア製品を使う事です。

抗菌、殺菌、除菌に注意

抗菌剤入りの石けんやシャンプーはもとより、衣類の消臭や部屋の殺菌をしているなら見直しが必要かもしれません。

匂いや炎症の原因になっている雑菌の繁殖を抑えているのは良いのですが、除菌や殺菌をすると悪い菌だけでなく良い働きをする菌も殺してしまっています。

最近では傷でも消毒薬を使用しない方が治りが早く傷跡尾も綺麗だと言うケースもあるほどで、それだけ皮膚常在菌の働きが実証されているということです。

除菌、殺菌は必要最低限に留め、皮膚常在菌のバランスと保つために良い菌を増やすことに注力したほうが良いですね。

皮膚常在菌のバランスを整えられる化粧品↓

ランキングを先に見た言い方はこちら>> チクチク、ヒリヒリ・・・肌が敏感肌。 かゆみ、赤み、肌荒れ、アトピーやニ...

シェアする

フォローする