酒さの予防には

話題

 

お酒を飲んで酔っ払ってしまったように顔が赤くなってしまう酒さは非常に辛い症状ですが、普段からいくつかのポイントに注意をしていれば予防をすることは可能です。

 

まずそもそもどうして酒さが発生するのか、この原因はまだはっきりとはしていませんが、皮膚を日光から保護するメラニン色素が少ない白人に多く見られるという特徴があるため皮膚への日光への刺激が原因の一つであることは明らかになっています。

 

そのためまず酒さの予防として行えることとして「日焼け止めを使って日光対策をする」ということが挙げられます。

 

夏場ですとUVケアをしっかり行っている女性が多いのですが、それ以外の季節になるとほとんどUVケアをしていないという人も少なくありません。

 

ですがどのような季節であっても日光は降り注いでいるのですから、どのような季節でもしっかりとしたUVケアを心掛けることが必要です。

酒さの日焼け止め

日焼け止めは、肌に負担の少ない「肌に優しい日焼け止め」を選んだり、肌の負担を減らすために「飲む日焼け止めサプリ」も兼用すると良いです。

 

飲む日焼け止めサプリは、飲むだけで紫外線をカットでき、塗り忘れや塗りむらがあっても心配のいらない便利な日焼け止めです。

 

外国産が多かったのですが、最近では安心できる日本製の製品も出回り始めました。

 

紫外線のカット力はそれぞれですが、飲んでおくだけでかなりの紫外線をカットしてくれるので助かります。

酒さの保湿

 

加えて酒さになってしまった肌は極めて乾燥しやすいということも特徴の一つとされています。

 

皮膚が乾燥してしまうと皮膚の表面のうるおいが失われて薄くなってしまうため、毛細血管が見えやすくなってそれによって顔が赤く見えてしまうというケースは非常に多くあります。

 

よって先ほどの日光対策と並行して「肌の保湿」もしっかり行っていく必要があると言えます。

 

特に大人の肌は乾燥しやすい傾向にありますから、普段の美容と併せて保湿を心掛けることは非常に良いことです。

 

保湿をしっかり行えばそれだけ綺麗な肌を保ちやすくなりますし、酒さの予防にもかなりの効果が期待できます。

 

ただ、どんな保湿でも良いのではなく酒さの肌に必要な成分で保湿しないと悪化する可能性もあります。

 

保湿には、角質層のバリア機能も担っているセラミドを配合したものや顔の赤みの原因になっている毛細血管の拡張を沈める働きのある化粧水で補給すると酒さの症状軽減に効果が期待できます。

 

この他にはストレスをなるべく感じないようにリラックスして過ごすこと、辛い食べ物のように過剰に体を刺激するような食品はなるべく避けることも予防としてはかなり効果的であるとされていますから、より予防をしっかりしたいのであればこうしたところで対策をすることも必要になります。

 

一度発症すると完治まで長い時間がかかってしまいますから、発症しないように事前のケアを心がけることが大切です。