酒さのレーザー治療に健康保険は適応される?

話題

 

酒さを治療する方法として最も効果的とされるのがレーザー治療であり、現在ではさまざまなクリニックでこの治療が取り入れられるようになっています。

 

しかし残念ながら、酒さのためにレーザー治療を受ける時に健康保険が使えるのかというと、これは残念ながら使えない可能性の方が高いと言えます。

 

これはどうしてかというと、現在の日本で酒さという症状が病気や怪我として扱われていないことが原因です。病気や怪我を治療するということであれば健康保険の適用は問題ないのですが、病気や怪我として扱われていないのであれば美容施術として受けるほかありません。

 

美容目的でのレーザー治療は他の目的においても基本的に自費診療とされているため、酒さにおいても同じ扱いをされてしまうわけです。

 

さて、ではどうすれば良いのかというと、考えられるのは二つの方法です。

 

まず一つ目が抗生物質などを服用して治療を試みることです。

 

治療ができる理由はまだ明らかになっていませんが、抗生物質を服用した場合にはそこに含まれる抗炎症作用によって顔の毛細血管で発生している炎症が治まって赤味が引くことが多いのです。

 

症状が軽微なのであれば抗生物質を服用しての治療だけでも完治を目指せるケースがありますから、自費診療の負担を嫌うということであればまずこの方法を試すことができるでしょう。

 

ちなみにこの場合はレーザー治療とは異なり「毛細血管で炎症が発生している状態を治療するために行う医療行為である」とみなされるため、問題なく保険が適用されます。

 

次に二つ目となるのがレーザー治療を行っているクリニックを比較して安い価格を設定しているところを探すことです。

 

保険診療の場合は国で設定されている診療報酬に基づいて料金が決まるためどこで受けても変わりませんが、自費診療の場合は診療報酬を参照しないために各々のクリニックが自由に料金設定が可能ですので、色々なクリニックを比較すれば安くレーザーでの治療が受けられるところもあるということになります。

 

価格を抑えるなら、さまざまなクリニックを比較してみるのも一つの手ですね。

セルフケアも

 

また、病院の治療だけに頼らずセルフケアで改善させている人もいます。

 

セルフケアでは、肌バリアの強化成分と、血管の拡張沈める成分を配合している化粧品を使用して改善させていきます。

 

病院での治療だけでは、「なかなか改善しない」「薬の副作用が怖い」と言った方に人気で多くの方が治療と併用するか、病院での治療を諦め自分でケアしている場合もあります。

 

すぐに改善する病気ではありませんが、体質改善と共にじっくりとケアすることによって少しでも楽になると良いですね。