酒さのステロイド治療によるリバウンドと対策

ステロイドといえばアトピー性皮膚炎や皮膚に湿疹ができている場合に強力にアレルギー症状を抑えてくれる効果のある外用薬に含まれていることがある副腎皮質ホルモンです。

 

病状が良くなるまで使用するのが前提で、急にやめてしまうとそれまで強力に抑えていたアレルギー症状が解放されることでリバウンド現象を起こすとされています。

 

ただ、長期間使用すると皮膚が薄くなったり細菌やウィルスなどに感染しやすくなるとされています。

 

その他にも色素沈着を起こしたり顔に長期間使用することで酒さ様皮膚炎になることもあるので注意が必要です。

 

そもそも酒さというのは、顔がお酒を飲んだように赤くなる症状のことでひどくなると鼻がミカン状に肥大することもあり場合によって目のかすみやまぶしさを感じやすくなるなど目の症状が出ることもあるとされています。

 

実はこの病気は皮膚科であっても症状を見ただけでは診断をするのが難しい病気とされており、多くの場合ステロイドの外用薬が処方されることが多いとされています。

 

しかし、本来の治療には症状の重さによって抗生物質が投与されたりレーザー治療を行うとされており、間違った診断と処方によってリバウンド症状を起こすこともあるとされているのです。

 

ステロイドの外用薬は一時的には良くなるもののさらに症状を悪化させる原因となり、それほどひどくなかった酒さの患者がステロイド外用薬を処方されて今度は酒さ様皮膚炎に発展するという話は決して珍しいものではないとされています。

 

この2種類の病気は全く異なるものであるため、経験豊富な医師の診断が必要となるのです。

 

なぜ症状が起こってしまうのかという原因も不明なため、決め手になる症状でなければただの炎症だとくくられてさらに状態がひどくなることにもなりかねません。

 

診断し、処方した皮膚科医はつらくはないですが、実際に症状を抱えて間違った診断と処方をされた患者側は非常につらいものです。

 

そのため、安易に診断してただステロイドを処方する皮膚科ではなくこれ以上症状を悪化させないためにも酒さの可能性も考えて治療を行ってくれる医療機関を選ぶのが良いといえるでしょう。

ステロイドによるリバウンドで辛いときの対処法

 

リバウンドがひどいときは、顔がほてり痒みや赤身、発疹、毛穴の開き、皮脂の大量分泌が見られ、髪の毛が顔に触れるだけでも刺激を感じるかと思います。

 

そんな時は、ほてりや痒みをを抑えるために保冷材などをハンカチやガーゼでくるみ肌を冷やすとほてりや痒みが和らぎます。

 

一時的にはなりますが、広がった血管も収縮しますので肌の赤みも和らぎます。

 

スキンケアでは、洗顔は水洗いのみか何もしないほうが良いという意見やしっかりケアをした方が良いという意見もありますが、あくまでも自分の肌の様子を見ながら適度にケアすることが肝心です。

 

ステロイドのリバウンド時には、肌が炎症を起こしている状態なので無もしないほうが良い(傷口に化粧品は不要)ということになりますが、皮脂が多く出ていて、毛穴が開いているならインナードライになっている可能性もありますし、ステロイドによって肌免疫(肌バリア力)が下がっているために、肌に悪さをする真菌(マラセチア菌)や悪玉菌(黄色ブドウ球菌)、顔ダニ(デモデクス)が繁殖している事も考えられます。

 

真菌(マラセチア菌)

常に常在している皮膚常在菌の仲間ですが、異常繁殖すると肌に炎症を起こします。

 

黄色ブドウ球菌

常に常在している皮膚常在菌の仲間ですが、異常繁殖すると排泄物でアルカリ性に傾け炎症を起こす原因菌です。

 

顔ダニ(デモデクス)

赤ちゃん以外の顔にはほとんどいるダニですが、異常繁殖すると顔の表面で悪さをし炎症を起こします。

 

この菌や顔ダニが異常繁殖するのは、皮脂が多く分泌されている環境が長く続いたときに多く見られ、アトピーや酒さ、脂漏性皮膚炎などの皮膚炎の原因となっています。

 

痒みやヒリヒリ、テカリ、毛穴開き、炎症などがあれば十分に可能性はあります。

 

もしそうだったとしたら、水洗いだけでは絶対に対処できません。

 

そんな時は、悪玉菌やダニを大量に繁殖させないよう適度に肌を清潔にし、肌を油で覆うケアではなく角質層に潤いを与えるスキンケアを心掛けます。

 

悪さをする菌が減って肌の水分バランスが整ってくれば徐々に肌は回復します。

 

肌の炎症が治まれば、顔の赤みが和らぎますが、長引くと炎症を直そうと栄養を送っていた浮き出てきた血管はそのままになり赤ら顔になってしまいます。

 

色々な情報がありますが、自分に合った方法早く見つけ行うことが肝心です。