酒さはマラセチアが原因?

話題

 

酒さは特に鼻の周囲に発症しやすい皮膚疾患です。

 

刺激を受けたり皮膚が薄くなってしまうことで、奥にある血管が透けて見え、赤く見えてしまうようになります。

 

毛細血管が拡張してしまうことから、余計に赤く見えるのが厄介です。

 

この症状の原因として皮膚炎に関係するマラセチアを疑いたいところですが、マラセチアは脂漏性皮膚炎の原因菌として知られるカビで酒さとはまず無関係です。

 

マラセチアは皮脂を好んで繁殖する性質を持っています。皮脂の分泌が多い小鼻のわきや、頭皮に繁殖して、痒みや炎症、フケなどの症状を起こします。

 

つまり、マラセチアを殺菌すれば脂漏性皮膚炎の改善には役立ちますが、酒さの改善にはあまり効果的ではない可能性が高くなります。

 

酒さは皮脂腺が過剰に発達しそれに伴い毛細毛血管が増殖するのが原因ですので、皮脂の過剰分泌が関係する脂漏性皮膚炎と症状がよく似ているため専門の皮膚科医であっても、しばしば間違って診断してしまうこともあるようです。

 

ただ、脂漏性皮膚炎になってしまいそのうち酒さになもなってしまう方もいて脂漏性皮膚炎と酒さの両方を患っている方がいるのも事実です。

 

過程としては脂漏性皮膚炎の治療をしている間に肌が弱って酒さにもなってしまった方が多いようです。

 

酒さは、マラセチア菌が原因ではありませんが混在している場合にはマラセチア菌の繁殖も抑えないといけません。

 

マラセチア菌の繁殖を防ぐには、元々肌に住む善玉菌(美肌菌)を増やす事が先決です。

 

善玉菌を増やす事でマラセチア菌の住みにくい環境にすることで肌の状態が変わってきます。

 

この方法は酒さにも良い方法になるので、マラセチア菌のせいと思っているようなら善玉菌(美肌菌)を増やすケアを試してみてくださいね。

 

美肌菌スキンケア〜皮膚常在菌のバランスを整え潤い美肌へ~
きれいな肌になりたい! 老化を予防していつまでも若々しい肌を保ちたい! 肌荒れ、ヒリヒリ、チクチク、かゆみ、肌荒れによる顔の赤み、アトピー、ニキビ、脂漏性皮膚炎などの肌トラブルを解消したい! ...