酒さと毛細血管拡張症の違い

酒さと毛細血管拡張症の違い

悩む

酒さも血管拡張症も同じ赤ら顔。

いったいどんな違いがあるの?

酒さと毛細血管拡張症の違い

酒さと毛細血管拡張症は、顔が赤くなるという点では同じでも、症状的には酒さと血管拡張症は違います。

それは、肌に慢性的な炎症があるかないかの違いです。

毛細血管拡張症

毛細血管拡張症は、もともと毛細血管が蜘蛛の巣状に広がり透けて見えています。

肌が薄い方が多いようですね。

酒さ

酒さは、顔の周りや鼻を中心として慢性的な炎症が起こり、炎症の影響で肌を修復しようと血液を肌表面へ届けるため血管が伸び、鼻や頬など血管が拡張し赤く見える症状です。

炎症の原因は様々で特定されないのですが、アルコールや香辛料などの過剰摂取、脂漏性皮膚炎、ニキビ、化粧品の使い過ぎ、間違ったスキンケアなどにより炎症が引き起こされていると言われていますが、明確な原因はわかっていません。

鼻が赤くなってしまったり、肌の炎症などがきっかけで長期にわたって肌が赤いなら、酒さの可能性が高いです。

悪化してしまうとニキビのような発疹が出てしまい化膿したり膿疱のような症状に悩まされてしまうこともあります。(男性に多い)

自分の症状が酒さか血管拡張症のどちらか判断が付きにくい場合は、皮膚科へ行って診断してもらうと良いですね。

治すには

このような症状を改善するには、食生活の見直しをしたり皮膚科などの専門のクリニックで治療をしたり、自宅でのケアを見直して治していきます。

毛細血管拡張症

毛細血管拡張症においては、レーザーによる治療が大きな改善効果を期待できるようです。

皮膚の薄さや気温による毛細血管の拡張、自律神経の影響で拡張した血管が元に戻らず、血液の流れが滞っている状態で肌の炎症がないので、マッサージ、レーザー治療やフォトフェイシャルなどで改善することが可能です。

血管中のヘモグロビンに反応する光を気になる部分に当てることで毛細血管を縮小させて赤みを目立たなくなります。

また、スキンケアでも薄い肌をしっかりバリアできるようなスキンケアを心掛けると良いです。

酒さ

酒さは、同じようにレーザー治療も有効だとされていますが、中程度の症状であれば、的確な治療やケアを行うことで美肌を取り戻すことも不可能ではありません。

塗り薬などを使用して治療を行うことがほとんどですが、漢方薬での治療や自宅でのケアを見直すのも効果的です。

また、自律神経を整えたり香辛料やカフェインを控えるなど食生活や生活習慣を見直し、腸内環境を整えたりすることも大切です。

このように酒さは毛細血管拡張症とは違い、肌の炎症が伴い、改善方法も複雑ですが、しっかりケアすることで症状が軽くなりますので、思い当たる点があれば見直すことが大切になります。

シェアする

フォローする