酒さの改善に良い野菜

話題

 

酒さの改善方法のい1つとして、食事の見直しから体質改善をして症状をやわらげていく方法がありますが、その中でも体の毒素を排出したり、酸化を防ぐことのできるビタミンやミネラルが豊富に含まれている野菜が注目されています。

 

酒さの改善に役立つ野菜類とは

食物繊維

 

野菜の中で特に効果があるのは、食物繊維が豊富なものです。

 

食物繊維は腸内環境が良くなるだけでなく、身体の毒素を出してくれる働きもあります。

 

食物繊維には、水溶性と不溶性がありますが、不溶性食物繊維は便の量増しや腸の働きを良くすることでも知られています。

 

水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサになり事でも知られていますが、余分な糖分や脂肪、毒素を絡ませ便と一緒に排出してくれる働きもあります。

 

肌は腸の合わせ鏡と言われていますので、腸内環境が整う事はとても大切です。

 

腸内細菌のもう一つのエサであるオリゴ糖などと一緒に摂るように心がけると良いですね。

 

不溶性食物繊維は、トウモロコシやゴボウ、タケノコ、豆類、ナッツ類に多く、水溶性食物繊維は、話題になったもち麦や押し麦、海藻、納豆やオクラ、山芋などのネバネバ系に多く含まれています。

 

腸がしっかり働いて新陳代謝が活性化すれば、デトックス効果も高まり、皮膚に十分な栄養が行き渡るようになります。

ビタミン

 

また抗酸化作用のあるビタミンを多く含んでいる野菜や果物もよいです。

 

ビタミンCやビタミンEは細胞を酸化させない抗酸化作用のあるビタミンです。

 

ビタミンCは、アセロラやレモン、かんきつ類などの果物に多く、野菜ではパセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜に多いです。

 

ビタミンEは、らっかせいなどのナッツ類、キュウイやアセロラなどの果物、モロヘイヤ、西洋かぼちゃなどに多く含まれています。

 

また、肌の代謝を高め、抗酸化作用の高いベータカロチン(ビタミンA)はニンジンをはじめとする緑黄色野菜に多く含まれています。

 

ビタミンB類は、肌の代謝を高め、皮脂の分泌を正常化する働きがあることが分かっています。

 

ビタミンBに限っては一口でビタミンBと言っても「ビタミンB2」「ビタミンB3」など色々なビタミンBがありますが、野菜に含まれる割合は低く、魚、肉、貝類に多く含まれています。

解毒

体内の解毒酵素の働きや抗酸化力を高める効果があるとされる、アブラナの仲間にも注目しても良いかもしれません。

 

アブラナ科の野菜は、キャベツや白菜、大根、ケール、青梗菜やカリフラワーもアブラナの仲間です。

まとめ

 

酒さの症状は、顔の中央付近から中心に顔全体が赤くなるというもので、原因が特定されることが少なく、発症してしまうと対処療法ばかりで良くならず困っている人が多いのが現実です。

 

顔が赤いことを恥ずかしく感じ、積極的にコミュニケーションをとれなくなるだけでなく、精神的にも追いつめられ、仕事にもいけなくなるほどダメージを受ける場合もあります。

 

完治しない病気としても有名ですが、体の外からと中から根気よくケアすることで改善される場合もあります。

 

今まで食事に気を使っていなかったと感じるのであれば、上記で紹介した野菜をしっかり摂ってみてくださいね。