酒さに良い薬膳

話題

 

現在、年齢や性別を問わず多くの方が酒さ様皮膚炎の症状で悩んでいます。

 

皮膚科や美容クリニックなどで治療を行ない外用薬や内服薬で改善する方も少なくありませんが、身体に負担をかけずに酒さ様皮膚炎を改善したいなら安心の薬膳を試してみることをおすすめします。

 

酒さ様皮膚炎は、毛細血管が拡張して肌が赤く見えてしまいますが、ほてりを強く感じてしまったり肌の乾燥によるカサカサに悩まされてしまう方がほとんどです。

 

食生活の乱れやビタミン不足、紫外線の影響やお酒の飲み過ぎなどにより症状が悪化してしまうこともある為、生活習慣を見直すことも改善の近道です。

 

最も改善効果を期待できるのが、食生活の見直しと漢方薬などの薬膳でデトックスすることが挙げられます。

 

自分の顔の赤みがコンプレックスになってしまっているのであれば、改善効果の高い薬膳をチェックしてみましょう。

 

酒さ様皮膚炎を漢方薬などの薬膳を使用して改善すると自分の炎症や発疹の状態に合わせて的確なものを処方してくれるので、短期間で美しい肌を取り戻すことも夢ではありません。

 

様々な成分を自分の症状に合わせて処方してくれる為、症状を改善するだけでなく体質改善が行えるのも魅力です。

 

酒さ様皮膚炎に良いと言われている薬膳が、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や十味敗毒湯などです。

 

黄連解毒湯は、顔色の赤みを抑えたり精神不安や不眠改善にも効果を発揮します。

のぼせぎみで顔色が赤っぽく、いらいらする傾向がある方の「胃炎」、「二日酔」、「不眠症」、「神経症」等に用いられています。出展:https://www.tsumura.co.jp/

 

また、イライラしやすい方にもおすすめです。

 

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は、皮膚疾患の改善に効果的です。

 

【働き】十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)という方剤です。皮膚の赤みやカユミを発散し、腫れや化膿をおさえます。また、そのようになりやすい体質を改善します。体力が中くらいの人に向く処方です。【組成】漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。十味敗毒湯の構成生薬は下記の10種類です。皮膚病の病因を発散させる“荊芥”や“防風”、排膿を助ける“桔梗”、炎症をひく“柴胡”、血行をよくする“川きゅう”などが配合されています。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。出展:http://www.interq.or.jp/

 

発赤があり化膿する皮膚疾患にも効果がある為、顔の赤みを改善できるだけでなく化膿性の皮膚疾患や蕁麻疹、水虫などの改善にも高い効果を得られます。

 

効果を期待できる漢方薬などを使用して対策するなら安心安全に利用できる漢方薬局などを利用することをおすすめします。

 

ドラッグストアなどでもリーズナブルな価格で手に入れることができますが、漢方のプロがいる漢方薬局で相談することで自分に合ったものを処方してもらえるので、、近所に漢方薬局があるなら一度相談してみてはいかがでしょう。