酒さはヨーグルトを食べると改善する?

酒さ

酒さとは30代から60代の人に多い炎症性で進行性の慢性疾患です。

 

ニキビと間違われることも多いですが、ニキビとはまた異なる疾患で赤みや小さな吹き出物、顔面の毛細血管の拡張といった症状を引き起こします。

 

特に赤くなっている皮膚はターンオーバーが正常に行われないようになってしまっており、炎症がなかなか収まらないと言うことがよくあります。

 

この炎症を治して出来るだけ早く肌の状態を正常に健康に持っていくことが求められます。

 

このような症状で悩まれている方にとっては出来るだけ早く改善したいと思いますが、酒さを改善するためには酒さそのものだけにアプローチするのではなく体全体の健康や特に肌の健康にも同じくらいアプローチするような内的な治療を行う必要もあることから腸内環境の働きが良くなるヨーグルトを摂ることが酒さに良いと言われる理由です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌で体質改善

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は肌に十分な栄養を運んでくれる腸をサポートしてくれる役割があることから日本では機能別のヨーグルトなどが流行っていますね。

 

ヨーグルトを食べる頻度は毎日がおすすめで1回や2回というような食べ方ではなく同じ種類のヨーグルトを最低でも1ヶ月間は継続的に接種し、合う合わないを見極めて食べる事がたいせだそう。

 

また、ヨーグルトを食べる際にも一工夫することでより効果的になり栄養を多く摂ることが可能です。

 

その方法とはホットにしてから食べるという簡単なやり方ですが、人肌程度に温めることで乳酸菌が活発になりより効果的になると言われています。

 

作り方は100g程度に水を大さじ1杯入れてハチミツを少しいれる、レンジで人肌になるまで温めるだけなので忙しいときでも簡単に作ることが出来ます。

 

さらに味に飽きてきたらバナナをいれてみたハチミツをいれてみたりとアレンジをすることが出来るのも魅力のひとつです。

 

ハチミツには、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖が入っていますし、バナナにはオリゴ糖はもちろん、消化を助けるす食物繊維が入っています。

 

ただ、ヨーグルト食べたから酒さが治るとは限りません。

腸内環境を整えて酒さを改善するなら

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_s

 

腸内環境を整えることで酒さの改善を図るなら、乳酸菌抽出物LFKが酒さ改善の特許を取っています。

FK-23およびLFKの特許一覧
特許第2969017号感染防御剤
特許第3040699号毒性軽減剤
特許第2712000号C型肝炎治療剤
特許第3272023号白血球減少治療剤
特許第2040711号抗腫瘍剤及びその製造法
特許第4326905号色素沈着抑制剤
特許第3040744号抗アレルギー剤及びその製造法
特許第2944662号酒さ治療剤
特許第2889481号血圧降下剤
特許第2889491号血圧降下剤
特許第5451703号Ⅱ型肺胞上皮細胞活性剤

出展:http://www.lvw.co.jp/

特許を取っているということは、効果が認められているということです。

 

LFKは、健康な人の腸内に多く存在するフェカリス菌-23を酵素溶解し、ミネラルや核酸などの菌体成分を抽出した乳酸菌素材で、率よく菌体成分を補えるため、通常のフェカリス菌を摂取するよりも体質改善にも高い効果を示すことが確認されている乳酸菌です。

出展:http://www.lvw.co.jp/

LFKは、他の乳酸菌と一緒に服用することで腸内環境を整えながら肌トラブルの改善に役立つという研究結果が出ていて、酒さやシミ、ニキビなどに効くと立証され特許を取っている乳酸菌です。

 

体の中から体調を整え、酒さを改善したいと思っているならおすすめできます。

 

酒さの原因はさまざまですが、一般的に言われる老化予防(紫外線予防、洗顔、保湿など)もしながらじっくり取り組んでみることが大切です。