酒さのケアはワセリンのみで大丈夫?

酒さのケアはワセリンのみで大丈夫?

酒さ

 

酒さのケアにワセリンを使おうと思う人はたくさんいると思います。

 

私も一時期、ワセリンを試していました。

 

でも今はほとんど使っていません。

 

それは、酒さの改善に直接つながらなかったことと、他に良い化粧品があったからです。

ワセリンの効果と注意点

ワセリンは、塗ると幕を張り肌を保護して水分の蒸発を防ぐ効果があります。

 

敏感になっている酒さ肌ケアにワセリンを使うのには、全く問題がありませんが注意が必要だったんです。

ワセリンは無害ではない

 

ワセリンは肌に刺激はありませんが、全く無害ではありません。

 

ワセリンの中でも不純物が含まれるワセリン(ヴェセリン、白色ワセリン)などは、かゆみや発疹など肌に刺激となる場合があるです。

 

この不純物は油焼けの心配もありますので、使用するなら純度の高い「プロペト」や「サンホワイト」が良いと言われています。

 

肌が潤ったり顔の赤みが引くわけではない

 

また、ワセリンだけでは肌を覆う保護膜の役割をしてくれているだけですので、肌を潤わしたり、顔の赤みが引かす効果はありません。

 

ワセリンを使う時は、外部の刺激から肌を保護したり、水分の蒸発を防ぐ目的で使うと言うことで割り切って使わないといけません。

熱がこもる&雑菌の繁殖

 

酒さの肌は温度が高く熱がこもりやすいです。

 

ワセリンで肌を覆うことによって、熱がこもりがちになります。

 

また、覆うことで酒さの原因になているかもしれないと言われる「デモデスク(カオダニ)」を繁殖させてしまうこともあるようです。

 

酒さは脂漏性性皮膚炎とも併発してい場合が多いので気を付けないといけませんね。

 

これを防ぐためには、耳かき1すくい程度のワセリンを薄く付けるようにするのが 良いようです。

洗顔に注意

 

ワセリンは完全なる油性ですので、合成界面活性剤などの刺激の強い成分を含んだ洗顔料で、顔を洗う人もいるようです。

 

ですが、強い洗浄力のある洗顔料を使っていると、さらに肌のバリア成分であるセラミドが流出しさらに肌が弱くなり炎症を起こします。

 

セラミドは、角質の間の隙間を埋める肌バリアで、洗顔や間違ったスキンケアでどんどん失われていき、外部刺激から肌を、守れなくなり肌荒れや炎症を起こします。

 

無理に洗い流さないようにしないといけないですね。

 

熱がこもったり雑菌の温床になったり、洗いすぎを避けるためには薄付け厳守に。

 

ワセリンを酒さのケアに使おうと考えているなら、こうした注意点を踏まえて使わないといけないですね。

酒さのケアには

酒さの最大の特徴は毛細血管拡張と肌荒れやブツブツだと思います。

 

私は、酒さに良いと言われる化粧品を使ってから酒さの症状が軽くなりました。

 

なかでも良かったのが「しろ彩」というオールインワン化粧水です。

 

まだ、試して事が無いなら使ってみると良いですよ。