酒さの人がワインを飲むのはよくない?

話題

 

酒さでは、摂取することで症状が悪化しやすい食品や飲料があります。

 

その代表的なものとしては、アルコールになります。

 

特にアルコールによる悪影響においては、他の物質よりも大きいというデータが、全米酒さ協会から発表されています。

 

このデータによると、ワインやウイスキー、ビールなどのアルコールから影響を受ける人はおよそ52%におよび、この数値は経口摂取をするものの中で一番高い数字であることから、すべての飲食物の中でもっとも避けるべきものだということが分かります。

 

アルコールが及ぼす悪影響の中で一番大きな影響と言えば、血管に対する刺激です。

 

ワインや日本酒よりも比較的アルコールが低いビールやサワーなどを飲んでも、すぐに顔が赤くなる人がいますが、このアルコールによって顔が赤くなる症状は、まさしく酒さによる症状なのです。

 

顔が赤くなるということは血管が広がっていることになりますが、アルコールが血管が拡張させる作用があることを意味します。

 

このような、血管を拡張させるような行為は、酒さの場合は厳禁です。

 

主な症状として顔が赤くなることがあげられますがこれは血管の異常拡張や皮膚の萎縮が原因としてあげられます。

 

つまり、血管が広がっているところに皮膚が薄くなっていることから、血管の赤みが皮膚上に見えるようになり、それが顔の表面に出ることから赤ら顔になるのです。

 

血管の拡張や皮膚の萎縮を治していくことが、完治への道となります。

 

ですから、いくら酒は百薬の長とはいえども、血管の拡張があるかぎりは避けるべきです。

 

しかしながら、アルコールをすべて断つことで、ストレスを溜め込んでしまうのであれば、それはまた別の問題が発生してしまいます。

 

そのようなときは、自分がどのくらいアルコールを飲むことで、どのような症状が出るかを良く理解し、多少嗜むなどの工夫をしながら上手に付き合っていきましょう。

 

また、ワインにはポリフェノールなどの身体に良い栄養素を確かに含んでいますが、もしそのような栄養が必要であれば、他の食材やサプリメントなどを利用することも手段です。

 

食品としては、ポリフェノールを含む、ブルーベリーや黒豆、お茶ならカフェインを含まないルイボスティー、大豆にはイソフラボンが含まれています。

 

また、緑黄色野菜にも身体の酸化を防ぐベータカロチンを多く含ますので、そのような食品を多く摂ってみると良いと思います。