酒さにルイボスティーは良い?

話題

 

酒さは白人に多いとされる慢性炎症症では原因は定かではないとされていますが、一説には顔ダニが原因だとわれています。

 

お酒を飲んだときのように顔が赤み帯びている状態が続き、最終的に皮膚の下の血管が拡張して常に赤い顔の状態になります。

 

レーザーやフォトフェイシャルなどで一時的に良いことがありますが、根本的な原因を取り除かない限りまた再発する恐れが多いとされています。

 

また、多くの人がリラックスタイムにコーヒーや紅茶で一息つくと思ってますが、実はコーヒーや紅茶が含まれるカフェインは酒さに良くなくてされています。

 

理由は、は、カフェインには血管拡張作用があるため適度な量頭痛の軽度などに効果的なのですが、酒さの場合には返ってそれを症状を悪化させることになるからです。

 

また、カフェインには利尿作用があることでも知られていますが、尿にはビタミンやミネラルなどの大切な栄養も含まれているので酒さ治療に有効だとされている大切​​なビタミンが流出てしもこもとにもなります。

 

たくさんの飲み物にはカフェインが含まれているので何を飲めばよいのかのようルイボスティーがおすすめです。

 

ルボスーは南アフリカ生まれのお茶で多くのミネラルや鉄分、カルスームなどが含まれています。

 

ノンカフェインであるので妊娠中のお母さんや良い母乳を作るのにも良いとされており、カフェインの影響を考えることなくな摂取できるようになります。

 

その他にも、老化の原因となる合戦的な酸を除去する酵素が豊富に含まれていることからアンチエイジンにも効果的だとされています。

 

加えて、抗酸化作用によって炎症を抑える効果も期待できるので、アレルギー性アトピー性皮膚炎などにも有効であり、リボースを飲むことで酒さの症状が緩和することも考えられます。

 

肌の状態が良くなく気分も落ち込みでありますが、ルボシーにはストレスを軽くする作用もあるのですが理にかなった飲み物といえますね。