キュレルシャンプーを使ってみた感想!敏感肌やアトピーでも安心?

ヘアケア

 

敏感肌や乾燥肌にあまりにもキュレルシャンプーが話題になっているようなので使ってみることにしました。

 

乾燥性敏感肌にとありますが、本当にそんなに肌に優しいんでしょうか・・・敏感肌の私とアトピーの息子で使ってみることにしました。

キュレルシャンプーの全成分と特徴

全成分:グリチルリチン酸2K、精製水、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、ラウレス硫酸Na、アルキルグリコシド、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、POE(16)ラウリルエーテル、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、POE・POPジメチコン共重合体、PPG、無水クエン酸、水酸化ナトリウム液、水酸化ナトリウム、オレンジ油、ユーカリ油、エタノール、エデト酸塩、安息香酸塩

ざっと成分解析すると・・・

 

グリチルリチン酸2K(甘草エキス)・・・抗炎症、抗アレルギー

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液・・・ヤシ由由来の刺激が少ない界面活性剤

ラウレス硫酸Na・・・硫酸系の洗浄成分(刺激が強く、皮脂を落としすぎてしまう)

アルキルグリコシド・・・ヤシ由由来の界面活性剤(石鹸成分)

ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na・・・ヤシ由由来の界面活性剤

POE(16)ラウリルエーテル・・・ヤシ由由来の界面活性剤(乳化剤)

ヤシ油脂肪酸エタノールアミド・・・泡立ちの安定向上や親水性を助ける(洗浄剤の補助)

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース・・・セルロース由来のポリマー

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・・・カチオン化したポリマー

アクリルアミド共重合体液・・・合成界面活性剤(柔軟作用、帯電防止作)

POE・・・合成界面活性剤(洗浄成分)

POPジメチコン共重合体・・・高分子のシリコン(可溶化・透明化)

PPG・・・製品の粘度や湿度を保つための保湿剤(石油由来)

無水クエン酸・・・pH調整を設定するpH調整剤や酸化防止・ 収斂効果

水酸化ナトリウム液・・・タンパク質を激しく分解(肌を溶かす)

水酸化ナトリウム・・・アルカリ性の界面活性剤(肌を溶かす)

オレンジ油・・・香料(抗炎症・抗菌作用)

ユーカリ油・・・香料(殺菌、刺激、消炎作用)

エタノール・・・殺菌、保存、収れん

エデト酸塩・・・品質安定剤(皮膚への刺激や発疹、ぜんそくを持つ方の症状の悪化の恐れ)

安息香酸塩・・・防腐、殺菌作用(皮膚や粘膜、目への刺激性、喘息・発疹などアレルギー悪化の恐れ)
むむっ・・・肌に優しい???

 

最近ちょっと成分にも詳しくなりつつあるので、「むむっ」というような成分解析結果になりました。

 

しかし、キュレルはセラミドが売りなのにセラミドは入っていないですよね・・・まぁキュレルの他のシリーズも「セラミドケア」なんて言ってるけど、疑似セラミドが入っているだけで本物のセラミドは入っていないくらいだから仕方なんですけどね。

 

セラミドは高価な成分なので安い値段でセラミドがふんだんに入っている製品は絶対にないです・・・

 

ちょっと話がそれましたが、抗炎症のグリチルリチン酸Kは入っているので炎症には強いんでしょう。

キュレルを使ってみた感想

ジンジャーぽい香りで良く泡立ちます。

 

泡立っている時には何も何も感じませんでしたが、しばらくすると地肌に刺激を感じましたし、洗い流すとちょっときしみますね。

 

いつもと同じように洗っているのに地肌はなんだか洗いすぎた感じがします。

 

乾かした後は少し髪が重たく艶はないしゴワつきもあるので、毛先をマルラオイルで手入れしてみましたが、サラ艶にはなりませんでした。

 

2日目も同じで、2日目は美容オリーブオイルで毛先を手入れしてましたが同じです。

 

きしみはせっけんシャンプーほどではないものの、しんなりとはいきません。

 

しかし、地肌がちょっと痛いです・・・

 

多分、よっぽどのことが無い限りもう2度と使わないでしょうね。

 

ただ、子供も使用するので今後のレビューは追記しますね。

追記

 

アトピー肌の息子は、「いけるよ!」と言って半月間くらい使用しましたが、ついに「頭がかゆくなる」「フケが出る」「最近髪が抜ける」と文句を言いだしたので、これは肌に良くないとやめることにしました。

 

多分、地肌が傷んでしまったんでしょうね。

 

洗浄力の強い界面活性剤も入っているからかな。

 

市販のものも気になってついつい試しますが、やっぱりアミノ酸系のシャンプーが我が家には良いようです。

 

肌の弱い人は気を付けてくださいね。