肌の常在菌を自分で増やすには

肌の常在菌を自分で増やすには

肌の常在菌は肌に潤いを与えたり外部の刺激から肌を守るために肌のPHを正常に保つ役割や保湿をしてくれています。

肌トラブル(乾燥肌、敏感肌、アトピー肌など)になる多くの原因は、肌の常在菌が少ない事だと言われているくらい大切な働きをしてくれています。

皮膚常在菌の役割

肌にも腸と同じように細菌が住んでいて大きく分けると善玉菌、日和見菌、悪玉菌に分けられます。

善玉菌は、皮脂や汚れを食べグリセリン(保湿成分)を排泄しています。

また、同時に肌を弱酸性に保つ働きがあり、肌を外部の刺激から守る働きをしています。

悪玉菌は、同じように皮脂や汚れを食べますが、肌の老化につながる成分を排出し肌をアルカリ性に傾けます。

肌がアルカリ性に傾くと外部の刺激から肌を守れなくなりますし体臭の原因にもなります。

日和見菌は、このどちらのはたきもしないですが悪玉菌が優勢な状態だと悪玉菌に加勢し善玉菌が優勢だと善玉菌に加勢するという動きをします。

腸内フローラと全く同じなので肌フローラともいわれています。

皮膚常在菌を減らさないようにするには

菌が増えないための消毒剤や保存料は製品を安心して長く使用するために必要な成分ですが、その成分が菌である肌の常在菌も殺してしまいます。

特に合成の殺菌剤や保存料、除菌剤は善玉菌まで殺してしまうそうです。

直接飲むと腸内細菌を殺すと言われる水道水の塩素は立派な消毒ですので、皮膚常在菌も殺してしまいます。

特に日本は塩素濃度が濃いので消毒効果が高いので肌が弱い場合は、浄水器(浄水シャワーなど)を付けると良いですね。

洗浄、保湿

洗剤(石鹸、ボディーソープ、クレンジング)などに含まれる殺菌防腐剤、殺菌、除菌を目的とする薬用石鹸ボディーソープ、化粧品の殺菌防腐剤、衣類用洗剤の殺菌、抗菌剤、水道水の塩素、除菌、消臭スプレーなど、これらは全て菌を殺すので、当然ですが皮膚常在菌も殺します。

一時的なら回復するので問題なかもしれませんが殺菌、抗菌作用のあるものが何時も肌に触れていたりしていたのでは元に戻ることもないでしょうし、度々洗い流していたならなかなか元の数まで回復できないでしょうね。

殺菌能力の高い製品は生命の危険があるとさえ言われていますので使用には気を付けたほうがよさそうです。

ただ、天然の殺菌作用があるものは、悪玉菌だけを殺す作用があるようなので、気になる方は天然成分の殺菌剤や防腐剤を使った製品にすると良いですね。

天然の殺菌剤や防腐剤は、ラベンダーなどの植物由来の殺菌作用のある成分や、ダチョウの卵で培養される抗体です。

洗剤(石鹸、ボディーソープ、クレンジング、洗顔料)などで洗うと皮膚常在菌も沢山死んで流れています。

石けんを使って洗った場合、元の数に回復するまでに12時間もかかるそうなので、顔や体を洗剤で洗う回数や洗剤の種類に気を付けるといいですね。

皮膚常在菌を減らさないようにするためには、洗剤は、ボディーソープやクレンジング、洗顔料より殺菌剤や抗菌剤が入っていない洗浄力の弱い石鹸がおすすめです。

コールドプロセスの石鹸だと弱アルカリで肌に優しいのでなおいいかもしれません。

良く泡立てて皮膚に指は触れないようにしてさっと洗うようにするといいです。

洗いすぎは逆に体臭をきつくするともいわれていますので、ほどほどに清潔を保つのが良いですね。

メイク

メイクをしている場合は、ミネラルファンデーションやパウダーファンデーションに変えて石鹸でも落とせるメイクにしましょう。

防腐剤不使用のものならなおいいですね。

化粧を落とすためにごしごし洗うと肌に負担がかかるばかりか、皮膚常在菌を根こそぎ流してしますのでやめたほうがいいですね。

洗髪

髪は、湯シャンが良いと言われていますが、なかなか実行できないですよね。

湯シャンが実行できない場合はアミノ酸系の肌に優しいノンシリコンシャンプーを使うといいですよ。

皮膚常在菌を増やすには

合成の殺菌剤、除菌剤や防腐剤を使いすぎないようにすることと、善玉菌が好んで食べるエサを与えると増えてくれます。

善玉菌のエサとなるのは、オリゴ糖や発酵エキスなどです。

エサを与えると善玉菌が増え、悪玉菌の繁殖を制御してくれます。

アトピーや、脂漏性皮膚炎、ニキビなどで悩んでいる方は、善玉菌が特に少ないと言われていますので、オリゴ糖や発酵エキスを含んだ化粧品を使用すると良いですよ。

そうした化粧品類を「美肌菌化粧品」と言います。

美肌菌とは、皮膚常在菌の善玉菌のことで、肌をきれいにしてくれることから「美肌菌」と言われています。

シェアする

フォローする