整菌ラボはアトピーでの赤ら顔に良い?

整菌ラボ

整菌ラボは、そもそもアトピーをはじめとする肌トラブルを抱えた人に向けて作られた製品で、皮膚常在菌のバランスを整えトラブル肌を健康な肌へと導くことをコンセプトにしています。

アトピーそのものは、免疫力低下、アレルギーなどの影響もあるとされていますが、一番の原因となっているのは皮膚常在菌のバランスが崩れたことによる皮膚の炎症があげられています。

皮膚に住む善玉菌が減り悪玉菌が増えすぎたことによって様々な肌トラブルを引き起こしていると研究結果が発表されています。

整菌ラボは、肌の菌のバランスを整えることを目的とした医薬部外品の化粧品です。

顔の赤みを消すような成分は入っていませんが、炎症を沈め菌のバランスを整えてくれる成分が配合されているたのでアトピーでの赤ら顔のケアには適していると思います。

顔の赤みは、繰り返す炎症で皮膚そのものに赤みが増している事や繰り返す炎症によって毛細血管が拡張しているからです。

そうした顔の赤みにはま、まずは赤みの原因となっている炎症をなくすことが大切です。

炎症を沈めるのは、肌の菌のバランスを整え善玉菌を増やす事で悪玉菌の繁殖を防ぎ、炎症の起こりにくいバリア機能の整った肌にしていく事が大切です。

善玉菌が増えることで、善玉菌が作ってくれる天然の保湿成分で肌が覆われ外部刺激や乾燥から肌を守ってくれます。

そうしていくうちに、時間はかかりますが肌のキメが整はじめ徐々に正常な肌へと戻っていきます。

顔の赤みが薄れていくのは、肌が正常に戻ってからです。

拡張した血管はなかなか鎮まることが無く、もしかしたら一生残るかもしれません。

炎症を起こしている期間が長いほどその可能性は高くなります。

ですが、最初からあきらめる必要はありません。

まずは、肌を整えることに集中し、肌の状態が改善されたら顔の赤みについて対処すればいいんです。

炎症は収まれば、血管の拡張を沈めてくれる赤ら顔化粧水を使えばいいんですから。

特に炎症を起こしている肌は角質がめくれがっている状態で、外部の刺激が侵入し炎症を起こしやすいばかりか、内部の水分が蒸発しています。

そうした肌は、まさしく悪循環で肌が乾燥してめくれ上がる→外部の刺激が侵入する→炎症を起こす→アレルギー反応を起こす→免疫力低下などを引き起こし、繰り返すうちに毛細血管が拡張し肌の赤みが増していきます。

それを防ぐためにもまずは、肌の状態を整えてみてはいかがでしょう。

整菌ラボトライアルセットはこちら>>

整菌ラボ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする