整菌ラボの整菌スキンケアはアトピーに良い?

整菌ラボの整菌スキンケアはアトピーに良い?

整菌スキンケアは、アトピーをはじめとする肌トラブルを抱えた人に向けて作られた製品で、皮膚常在菌のバランスを整えトラブル肌を健康な肌へと導くことをコンセプトにしています。

酒さ、脂漏性皮膚炎になりがちな私や、アトピーを持っている息子に使ってみましたが、トラブルの改善を期待できました。

アトピーと皮膚常在菌の関係は切ってもきれいないほど重要で、アトピーが発症する原因は皮膚常在菌でも良い働きをする表皮ブドウ球菌が減り、肌に有害な黄色ブドウ球菌が異常繁殖することが研究でも知られています。

表皮ブドウ球菌は、汗や皮脂、古い角質を食べその代謝物で肌を弱酸性に保ち、天然の保湿成分であるグリセリンで肌を覆ってくれます。

表皮ブドウ球菌が優勢で肌が弱酸性よりの肌だと、肌に有害な働きをする菌たちはアルカリ性を好むため、居てもひっそりと暮らしていて肌に影響を与えません。

ですが、いったん表皮ブドウ球菌の数が減り、黄色ブドウ球菌などが優勢になってくると、黄色ブドウ球菌の代謝物で肌がアルカリ性に傾き、肌に悪い影響を及ぼす菌たちが好む環境になるため悪循環を繰り返し、肌が炎症を起こすようになります。

清潔が良いと思って、殺菌、除菌、洗浄を繰り返していると、確かに悪い菌は殺菌できますが、同じ菌である良い菌まで除去していることになっています。

洗浄力の強い洗顔料やソープ、シャンプーを使っている

1日に何度も洗っている

油分の強いクリーム(界面活性剤入り)を使っている

除菌や殺菌が欠かせない

そんな日常を過ごしているなら、菌に対してもう少し見直しが必要です。

身体の中も皮膚も同じで、ヨーグルトなどの発酵食品を食べるのが流行っていますが、菌を摂りいれても殺していては意味がありません。

現在では、菌を殺すのではなく、プロバイオテクス(菌を摂りいれる)、プレバイオテクス(菌を元気にする)習慣が推奨されています。

肌も同じで、殺菌より肌の菌のバランスを整えることが一番だということです。

特にアトピーなどの肌トラブルを抱えている人は、肌に悪い影響を及ぼす悪玉菌(黄色ブドウ球菌など)が優勢になっていて、肌表面を清潔で健康に保ってくる働きをする表皮ブドウ球菌は少ないのです。

そこで、肌の菌のバランスをととのえられる整菌スキンケアが大切になるのです。

整菌スキンケアでは、全シリーズに皮膚常在菌増殖因子を配合していることや、肌を健やかに保てるような成分配合になっていることからアトピーなどの肌トラブルを抱えている人に良いという事です。

他にも菌を増やすという製品はありますが、「洗えば洗うほど良いと宣言し」洗うことで菌のバランスを保てる製品は整菌ラボだけです。

整菌スキンケアが気になるなら、お試しセットが1,000円で販売されていますので試してみてはいかがでしょう。

整菌ラボトライアルセットはこちら>>

整菌ラボ

シェアする

フォローする