赤ら顔にアロマオイルは良い?

化粧品

赤ら顔にアロマオイルはいいいのでしょうか?

 

お風呂に入れたりして楽しむこともあるので調べてみました。

赤ら顔に良いと言われるアロマオイル

 

フランキンセンス・・・血管を収縮させて赤みを除去する作用。

 

ゼラニウム・・・静脈の血液、リンパの流れをよくする作用。

 

ローズ・・・毛細血管の収縮をうながします。赤ら顔の症状全般に作用。

 

パルマローザ・・・血管と肌に弾力を与える作用。

 

上記のアロマオイルはすべて血管に作用し、血流を促進させることから、毛細血管拡張での赤ら顔に良さそうです。

 

また、カモミールローマンなど皮膚の炎症全般に効果的なアロマオイルも肌び炎症がある赤ら顔に良さそうです。

 

他にも殺菌作用のある「ラベンダー」や「ティートゥリー」なども直接肌に付けられるアロマオイルになりますので、細菌が原因でなっている赤ら顔(脂漏性皮膚炎やニキビ、アトピーなど)には良いかもしれませんね。

 

また、これらのアロマオイルは外的要因だけでなくリッラクス効果の高いアロマでもありますので、自律神経の乱れでなる赤ら顔にも良いと考えられます。

赤ら顔をケアする時のアロマオイル使い方

wellness-285590_640

 

アロマオイルは、必ずホホバオイルなどのキャリアオイル(植物油)で1%以下に希釈して使用しないと肌に異常を起こす場合があるとされています。

 

※アロマオイルで原液を肌に直接付けられるのは、ラベンダーとティートゥリーだけ。

 

アレルギーの原因となる場合もありますので、直接肌に付けられるアロマオイルでも、できるだけ希釈して使用するようにした方が無難です。

 

また、妊娠中などはホルモンのバランスに作用する事もあるので使用を避けたほうが良いようです。

 

入浴の時に、湯船氏少し垂らして使ったり、手作り化粧水に少し入れるのは良さそうですね。

赤ら顔のケアには

赤ら顔のケアには、赤ら顔専用の化粧水があって、拡張した毛細血管を沈めたり、肌バリアを強化してくれます。

 

赤ら顔のケアで色々ためしているなら、赤ら顔専用化粧水も試してみてはいかがでしょう。

 

人気の赤ら顔用化粧水はこちら↓

赤ら顔化粧水ランキング(男女兼用)タイプ別おすすめも掲載!
赤ら顔を治したい・・・ できれば自分で治せるのが一番いい。 無理でもせめて顔の赤みが和らぐスキンケアをしたいですよね。 そんな思いで顔の赤みを減らそうと、敏感肌用などの化粧水を使ってきたけど...