乾燥が気になる赤ら顔の化粧水の選び方

話題

 

乾燥が気になる赤ら顔の保湿には、肌内部の水分を蒸発させない効果があるセラミドを中心とした保湿成分を配合した化粧水を選ぶと良いです。

 

肌は乾燥がすすむと、角質の表面がめくれ上がり、肌内部の水部が蒸発していくと同時に外部の刺激が肌に侵入しやすくなります。

それを防いでくれるのがセラミドという角質の間にある成分なんです。

 

セラミドは、角質と角質の間を隙間なく埋め外部の刺激が入り込まないようにすると同時に、肌から水分が蒸発するのを防いでくれています。

 

そんなセラミドを減らしてしまう原因として主に、洗浄力の強い洗顔料で顔を洗ったり、1日に何度も洗顔をしたり、乳化剤でもある界面活性剤が多く入った化粧品を使うことによって角質内のセラミドが溶け出してしまうことが原因となっています。

 

セラミドを減らさないためには、洗顔のし過ぎや界面活性剤がたくさん入った化粧品を使うのをためることが先決です。

 

乾燥が気になる肌はセラミドが不足しています。

 

化粧水を選ぶには、乾燥を防ぐセラミドを補うためセラミドを配合した化粧水がおすすめです。

 

セラミドを補うことで、肌の水分の蒸発を防ぎ、外部の刺激が肌に侵入しにくくなります。

 

また、赤ら顔は、肌の炎症や毛細血管の拡張を補っている場合もあるので、炎症を沈め鎮め毛細血管拡張を鎮める成分配合した化粧水を選ぶと良いです。

 

赤ら顔の敏感な肌に刺激となる界面活性剤や防腐剤、エタノールなどをできるだけ配合していない化粧水が良いです。

 

「セラミドを配合してる」「炎症や毛細血管の拡張を鎮める成分を配合している」「界面活性剤、防腐剤、エタノール無添加」の化粧水ということになります。

 

おすすめは、「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」です。

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは、肌バリア強化サポートをしてくれる5種類のセラミドと炎症や毛細血管の拡張を鎮めるアランボエキスを配合。

 

肌の刺激となる界面活性剤や、防腐剤、エタノールなどなどは入っていません。

 

すべて天然成分だけで作られた完全無添加セラミド配合オールインワン化粧水です。

 

赤ら顔の保湿に欠かせないセラミドを配合していて完全無添加の化粧水はULU(ウルウ)シェイクモイストミルクだけです。

 

赤ら顔用化粧水としても人気があります。

 

乾燥でかゆみがある場合は、セラミド不足で肌に外部の刺激が侵入しやすくなっている証拠。

 

乾燥で肌がめくれあっているのでしょう。

 

放っておくと、赤ら顔も悪化します。

 

早め早めに肌バリア強化をサポートしてくれるセラミドを配合した、無添加で肌に優しい化粧水で保湿をしてあげてください。

 

乾燥がひどい場合は、洗顔も控えたいところですが、ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクなら洗顔にも使えるので便利ですよ。