赤ら顔におすすめのオールインワンジェル

オールインワンジェル

 

化粧水では物足りない、でもクリームは使いたくない。

 

1つでケアできるオールインワンジェルなら簡単に保湿できて便利。

 

荒れがちな赤ら顔にも使えるオールインジェルってあるのかな?

 

オールインワンジェルは1つでお手入れが完了するので手間も費用も掛からず良いですよね。

 

お手入れによる肌の摩擦も減りますしジェル特有の保湿成分が肌に幕を張って外部の刺激から肌を守ってくれます。

 

ただ、いつも荒れがちでちょっとしたことでも肌の状態が悪くなる赤ら顔だとどんなオールインワンジェルを選べばいいかわからない・・・と思っているのではないでしょうか。

 

そこで、ここでは荒れがちな赤ら顔のオールインワンジェルの選び方とおすすめできるオールインワンジェルをご紹介します。

 

荒れがちな赤ら顔のオールインワンジェルの選び方

 

赤ら顔の方は何らかの原因で肌に炎症を起こしている、もしくは荒れがちな方がおおいですね。

 

それは肌が薄くなっていたり、肌のバリア機能が低下していて外部刺激の影響を受けやすくなっているからです。

 

そもそもそんな肌に刺激の強い成分を配合しているオールインワンジェルは使えません。

 

肌に刺激の強い成分とは、肌バリアを破壊する合成界面活性剤だったり、パラベンなどの合成保存料、合成着色料、合成香料など肌にとって必要のないものです。

 

合成界面活性剤は、油性の成分と水性の成分を混ぜ合わせるために使われますが、多くの化粧品に使われているのが現状です。

 

合成界面活性剤の利用目的は、成分を混ぜ合わせる(乳化)ためのほかに、成分の浸透性を良くするためにも使われています。

 

本来人の肌は外部からの侵入を防ぐために肌の外や角質内に肌バリアを形成しています。

 

合成界面活性剤はそのバリアを乳化させ破壊して成分を浸透させる役割も担っています。

 

肌バリアがもともと弱っている赤ら顔の方は、さらに肌バリアを弱らせる合成界面活性剤を配合した化粧品は極力使わないほうが良いです。

 

使っていても乳化力の弱い合成ではないものや微量なものを選ぶことをおすすめします。

 

パラベンなどの合成保存料、合成着色料、合成香料など合成のものは肌細胞を破壊するといわれています。

 

肌の弱い赤ら顔の方にとっては刺激でしかありません。

 

オールインワンジェルはどれも1つでケアができるように開発されているため数多くの成分を混ぜ合わせて作られているものが多いので合成界面活性剤などを使っているオールインワンジェルは数多くあります。

 

成分を見分けるのは大変かもしれませんが、この機会に肌にとって良くない成分をたくさん配合した化粧品を見分け、安心して肌を保湿できるよう成分を勉強してみるものおすすめです。

 

平均して肌にとって必要ないものを極力配合していないオールインワンジェルをにとって必要のないものです。

 

※エタノールも刺激になります。

 

赤ら顔の方におすすめできるオールインワンジェル

 

炎症を起こしがちな赤ら顔の方におすすめできるオールインワンジェルを選んでみました。

 

敏感な肌でも安心して使える低刺激のものばかりです。

リソウ・リペアジェル

 

リソウリペアジェルは、合成(石油系)成分を一切配合していない100%植物成分の肌に優しいオールインワンジェル。

 

配合成分はとてもシンプルで「グリセリン、アスコルビン酸、リゾプス/コメ発酵エキス液、グルコシルヘスペリジン、カンゾウ根エキス」だけで作られています。

 

リソウリペアジェル公式サイトはこちら

 

メディプラスゲル

メディプラスゲル

 

メディプラスゲルは、肌に要らないものは入れない徹底した無添加で、成分を混ぜ合わせるために使われる界面活性剤も最小限にとどめ、カクハンで混ぜ合わせているほど敏感な肌に刺激がないよう徹底されているオールインワンジェル。

 

3種類のセラミドと温泉水などを配合し1本でしっかり保湿できます。

 

肌に刺激があると懸念されているフェノキシエタノールも不使用。

 

メディプラスゲル公式サイトはこちら

 

口コミ&レビューはこちら↓

メディプラスゲルの口コミ&効果♪簡単シンプルケアでしっかり保湿
メディプラスゲルは、1本でしっかり保湿、絶対に乾燥させないを約束(公約)したオールインワンゲル。 保湿成分セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸を含む66種類もの美容成分がぐんぐん浸透し内側からもっちりとしたうるおいとハリ...

 

シズカゲル

 

シズカゲルは、界面活性剤フリーでゲル化剤を使用しない特殊処方のオールインワンゲル。

 

様々な肌トラブルに対応できるよう医師との共同開発で作られています。

 

シズカゲル公式サイトはこちら

 

ViTAKTバランシングウォータージェル

ViTAKTバランシングウォータージェルは、合成界面活性剤を使用していない91%天然由来成分の肌に優しいオールインワンジェル。

 

抜群の浸透力を誇る北アルプス温泉水を贅沢に基剤として使用しているため角質層までスッと浸透し潤いが届きます。

 

ViTAKTバランシングウォータージェル公式サイトはこちら

 

OIZ(オイズ)PBジェル

 

ノンパラベン、ノンオイル、無香料、無着色料、石油系合成界面活性剤フリーの肌に優しいオールインワンジェル。

 

5つの発酵菌(納豆菌、酵母菌、乳酸菌、麹菌、パントエア菌)と植物エキスの黄金 バランス(計20種の美容成分)が肌力正常化をサポート。

 

OIZ(オイズ)PBジェル公式サイトはこちら

 

バリアバランス保湿ジェル

バリアバランス保湿ジェル

 

自らのアトピー克服のために作られた低刺激なオールインワンジェル。

 

高い保湿力を誇るセラミドを配合で、チクチク・ガサガサの敏感肌・乾燥肌をケアできます。

 

バリアバランス保湿ジェル公式サイトはこちら

 

口コミ&レビューはこちら↓

ティモティア・バリアバランス保湿ジェルの口コミ&効果♪アトピーや肌荒れに
ティモティアのバリアバランス保湿ジェルは、ご自身の辛いアトピーを克服するために作られた保湿ジェル。 保湿成分の中では最強と言われるセラミドを3種類配合し、肌のターンオーバーを促せるようエモリエント効果(...

 

中でも、赤ら顔に必要なセラミドやビタミンC誘導体などを配合した「メディプラスゲル」は、価格も手ごろで続けやすいのでおすすめです。

 

おすすめの使い方

オールインワンジェルは、性質上ベタ付きが気になる物もありますが、夜の洗顔後にはベタ付きがあるくらいたっぷり目に塗るのがおすすめです。

 

たっぷり塗ることによって、膜を作り外部の刺激を感じやすい赤ら顔の肌をしっかり保護してくれるからです。

 

朝メイクをする方は、薄めに塗って肌になじむまでファンデーションを塗るのを待たないとメイクがよれたり化粧崩れの原因になります。

 

足りないくらいを手のひらで伸ばして、ハンドプレスするように付けて乾いてからファンデーションを塗ってくださいね。

 

そうすることで、メイクがよれたり崩れたりするのを防げます。

 

赤ら顔改善には

 

赤ら顔改善には、赤ら顔の原因になっている肌の炎症や毛細血管拡張を沈めないといけません。

 

オールインワンジェルは、それぞれの成分の効果もありますが「お手入れ時の肌への摩擦が減る」「肌に幕をはり外部の刺激から肌を守れる」などのメリットもあります。

 

外部の刺激を受けにく肌になれば、肌の炎症や毛細血管拡張も鎮まります。

 

夜はたっぷり塗って肌を保護してみてください。

 

ヒンヤリと冷たいジェルが火照った赤ら顔をやさし包み込んで潤いを与えてくれます。

 

すぐに効果が表れるとは限りませんが、しっかりケアしてみてくださいね。