赤ら顔と毛穴の開きを改善するには

赤ら顔と毛穴の開きを改善するには

鼻の下や頬など日常的に肌が赤いく毛穴が開いている状態が続くと、化粧で隠すことも難しく困ってしまいますよね。

赤ら顔の原因は、毛細血管が拡張してしまうために起こることが多いんです。

その他にも皮膚が薄い人や、肌に炎症が起きてしまっている場合も、顔が赤く見えることもあります。

生まれつき血管の多い人もいますが、アルコールやタバコ、薬などの影響によっても血液が滞り赤ら顔を悪化してしまうこともあります。

夏の気温上昇によっても毛穴が開いたり、赤ら顔になってしまうことは良くありますので、注意が必要ですね。

赤ら顔や毛穴の開きに悩んでいる人は、皮脂の分泌が多くなっているため皮脂で炎症を起こしているか、大量に出る皮脂の影響で脂漏性皮膚炎になっている可能性もあります。

どちらにしても、皮脂が影響しているようであれば、食生活やスキンケアについて見直してみてはいかがでしょうか。

自分で出来る赤ら顔や毛穴の開きの対策について紹介していきます。

肌も食べた物でできている

まずは食生活について見直してみましょう。

赤ら顔には香辛料などの刺激物やアルコールの飲みすぎには注意します。

肝機能が低下することで血管がうっ血し赤ら顔になる事もありますのでほどほどにしたいですね。

たばこもビタミンを破壊しけっこうも悪くなるので喫煙しているなら、この機会にこのまま吸い続けるかどうか検討したほうが良さそうです。

お肌に良いと言われている緑黄色野菜や抗酸化作用のある食べ物は積極的に取り、皮脂が多く毛穴の開きに悩まれているなら、ビタミンB類も積極的に摂ると良いです。

皮脂の分泌のバランスを整え、肌のターンオーバー促進する働きがあります。

抗酸化作用の高いビタミンCやE、ポリフェノールにベータカロチン、ビタミンB類、肌代謝を上げるミネラルなど、できるだけ種類を豊富に摂るのがベストですが、そんなの考えて作っている暇がないと言う方は、マルチビタミンなどのサプリメントで補うのも一つの手です。

肌も口から入れた栄養素でできています。

バランスのとれた食事は体調を整えるだけでなく、美しい肌を保つ役割も持っていますので、口から入れる栄養素に関心を持つようにするもの良い事ですね。

肌のお手入れ


化粧を落とさずに寝てしまっている人も、赤ら顔や毛穴には大きなダメージとなります。

肌に刺激を与えずに、毛穴の汚れをきちんと落としてから就寝するようにしてください。

洗顔もあまり擦らずに、優しく丁寧に行うことがポイントです。

顔の皮膚は薄いので、できるだけ刺激を最小限にする方がお肌にとって良いのですが、毛穴の汚れを取ろうとして強く擦ってしまう人も多くおられます。

毛穴の汚れは脂ではなくタンパク質(古くなった角質)が溜まっているので、油分を乳化する洗顔料では毛穴の汚れは落とせません。

自分で毛穴の汚れやつまりを取るには、酵素入りの洗顔料で洗顔すると徐々に毛穴が綺麗になってきます。

ピーリングやゴマージュなどの方法もありますが、酵素洗顔が一番肌に優しいので試してみてください。

むき卵みたいなツルンとした肌になりたい! 肌に優しい角質ケアをしたい! 自分で角質ケアをするのに一番手軽で、安全...

保湿には何がいい?

次に化粧品を選ぶときですが、皮脂が多く毛穴の開きが目立つ赤ら顔には、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を選んでも良いですね。

ビタミンC誘導体は皮脂をコントロールする作用がありますので、皮脂の分泌が多く毛穴が開いている人にもおすすめできる成分です。

毛穴の開きは、乾燥から起こる場合が多いのですが、お肌の乾燥を防ぐには、セラミド配合の化粧品が最も保水効果が高く肌バリアを形成してくるのでおすすめです。

まずはお肌に刺激を与えず、自分に合った化粧品を選び食生活を改めてみてくださいね。

シェアする

フォローする