赤ら顔改善方法

話題

 

赤ら顔の改善には、赤ら顔に最適なスキンケアとインナーケアをするのが大切です。

 

スキンケア

 

赤ら顔の原因は様々ですが、肌荒れや毛細血管拡張が主な原因です。

 

スキンケアでは、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、1日に何度もあらったりしないほうが良いです。

 

洗顔は、肌に優しい洗顔料(コールドプロセス石鹸など)を使って1日に1回だけに留めてください。

 

また、肌を擦らに様にする事も大切です。

 

また、赤ら顔は肌バリアが弱っているので外部の刺激を受けやすくなっています。

 

ですので、肌バリアを強化できる化粧品で肌をしっかり保護し、赤ら顔に大敵な紫外線の予防もしっかりしないといけません。

 

日焼け止めクリームは、カット力が高くても肌に優しいものを選んでください。

 

体の中から紫外線での劣化を防ぐ飲む日焼け止めサプリもありますので併用すると効果が高まります。

 

メイクをしている場合は、ファンデーションは肌に負担の少ないミネラルファンデーションがおすすです。

 

ミネラルファンデーションは、石けんでも落とせるので洗顔料での肌の負担も減らせます。

 

インナーケア

 

インナーケアでは、赤ら顔の原因になっている腸内環境の乱れやのぼせに対応してくれるサプリメント服用すると良いです。

 

運動不足は血液の流れを悪くし代謝が衰えますので、運動不足を実感している場合は解消するようにしてみてください。

 

お酒は、毛細血管の拡張を招きますので、できれば飲まない方が良いです。

 

タバコは、血液の流れを悪くして血管拡張につながるので、できれば辞めたほうが良いです。

 

ストレスや睡眠不足、疲れも血液の流れを悪くするので解消するのが良いですね。

食生活

 

食生活では、バランスの取れた食生活をするのが赤ら顔改善には一番良いです。

 

食べすぎも赤ら顔の原因になっている場合もありますので、食べすぎていると感じているなら控えるようにしてみてください。

 

代謝を高める栄養素や抗酸化作用の高い栄養素が取れる食べ物を摂るようにしてみてください。

 

赤ら顔は、肌だけの問題であれば、スキンケアを変えるだけで改善できます。

 

スキンケアを変えても改善できない場合は、インナーケアもしっかりしていくことをおすすめします。

 

スキンケアには、肌バリア強化と赤みの原因になっている毛細血管の拡張を沈める「しろ彩」がおすすめです。

 

インナーケアには、腸内環境を整えると共に毛細血管の拡張を沈める効果のある乳酸菌LFKを配合した「カルグルト」をおすすめします。

 

巡りが悪い、のぼせがある場合は、ウルウインナーモイストサプリメントもおすすめです。

 

赤ら顔改善には根気がいる場合も少なくありませんが、スキンケアとインナーケアをしっかりしていれば、良くんったり悪くなったりを繰り返しながらでも徐々に改善してきます。

 

焦らずにケアしていってくださいね。