老人性イボが大量にできる原因

老人性イボが大量にできる原因

「老人性いぼ」・・・何だか悲しくなる響きですよね。

この悲しいネーミングではなくて、医学的には脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)という皮膚の良性腫瘍ですので、健康上に問題はありませんし、単に年齢を重ねた人だけができるのではなく、20代~30代の若い頃から出現し始める人もいます。

形や色は様々で、ポツポツと飛び出していて肌色~褐色、濃い茶色のものもあれば、シミのように茶色くなり盛り上がっているものまであります。

原因としては、「遺伝性(イボができやすい体質)」「紫外線」や「乾燥」、「摩擦」により肌が劣化して角質が変質し角化していると言われています。

大量にできた老人性イボを取る

大量にできた老人性イボを解消するには、皮膚科など病院やクリニックで取ってしまってもいいでしょう。簡単な処置であっという間に「老人性イボ」からおさらば出来ます。

また、出来ている部分や大量に出来ている場合は、一度の処置で終わらないかもしれませんが、気長に通うことで取ることはできます。

ポツポツと飛び出したイボならはさみでチョキチョキと切ってもらえますし、平たいイボでもレザー治療で取り除くことができます。

レーザー治療の場合は健康保険が適応にならない場合がほとんですし、跡が残る場合もりますので、かかりつけが無い場合は、無料カウンセリングや無料メール相談をしっかり利用して納得してから治療してもらうのが良いです。

またできる

ただ、イボは一度とってもまたできる可能性が高いんですね。

特に、イボが大量にできる方はイボができやすい肌ですので、イボができないようにスキンケアで予防したいですね。

スキンケアでは、とにかく紫外線と乾燥に気を付け、肌を老化させ無いように心がけることが大切です。

また、肌を老化させないためには、抗酸化力のあるビタミンやポリフェノールを摂りいれることも大切です。

肌のケアとしては、イボに良いハトムギのエキスや杏仁油などを配合した老人性イボ専用化粧品でケアするとイボが気にならなくなると人気になっています。

老人性イボ専用化粧品は他にもアンチエイジングに役立つ成分が配合されています。

「目立つ」「ひっかかる」「見られたくない」··· 首や胸元、目元や顔、手の甲にもできる、いまいましい老人性イボ(角質粒、アクロ...

ケアをしていないと、一度取ったとしても肌の老化が進むたびイボがどんどん増えるばかりです。

しっかりケアをして、イボを取る&できない肌になって下さいね。

シェアする

フォローする