老人イボが首にできる原因とケアについて

老人イボが首にできる原因とケアについて

いぼが首に沢山出来ると見た目も気になるし、年を取ったんだな~なんて気分的にも悲しくなったりしますよね。

そんな老人性イボが首に出来る原因は、加齢の影響で皮膚のターンオーバーが乱れ、皮膚から古い角質が排出されにくくなって積み重なり変形してできています。

また、首が乾燥しているとバリア機能が低下してしまい紫外線によるダメージを強く受けてしまって、結果としてイボが出来るということにつながる恐れがありますので、保湿ケアで乾燥対策を行うことが大切です。

保湿には、老人性イボ専用のクリームがありますので、そちらを使うと効果的です。

老人性イボ用化粧品には「ヨクイニン」や「アンズ(杏仁種)エキス」が配合され、肌のターンオーバーを回復させたり美白効果もあると言われています。

アンズエキスは、果物の杏子の実からとれたエキスで、保湿効果や肌の柔軟効果があります。

イボが取れた人もたくさんいますので試してみてはいかがでしょう。

「目立つ」「ひっかかる」「見られたくない」··· 首や胸元、目元や顔、手の甲にもできる、いまいましい老人性イボ(角質粒、アクロ...

首にできる老人性イボは、放っておいても無くなる事はありません。

病院での治療も良いですが、肌が整っていないと取ってもまたできます。

いつでもスベスベのお肌でいるためにはスキンケアがかかせません。

老人性イボ用化粧品でしっかりケアして、スベスベのお肌を取り戻してくださいね。

シェアする

フォローする