角質粒とは?

角質粒とは?

角質粒とは、首や顔などにできる古い角質の塊の事を言います。

小さなイボのような形をしていて、自然治癒にも時間がかかるので、1度できてしまうと気になりますよね。

原因は1つだけではないので、早く治したい人は何故できてしまったかを知って正しいケアをできるようにするのが大切です。

角質粒ができる原因

角質粒は紫外線の刺激と肌の乾燥、年齢による肌の衰えの3つが主な 原因と言われています。

肌は乾燥すると過剰に皮脂を分泌するようになります。

乾燥によって角質層が硬くなり毛穴が塞がれてしまうと皮脂や汚れなどが行き場を失い角質の塊ができてしまう事があるんです。

その他にも年齢を重ねると共に肌の新陳代謝が下がり色々な肌トラブルが起こりやすくなる事あります。

更に紫外線を浴びると肌が乾燥しやすくなったり新陳代謝が下がり肌がダメージに弱くなってしまうので角質粒ができてしまった人は肌の乾燥、新陳代謝の低下、紫外線のダメージなどに心当たりがないか考えてみてください。

改善方法は皮膚科で診てもらう事が1番ですが、自宅でケアする方法も色々あるので、まずは 原因を知って自分に合った改善方法を探してみてください。

放置してしまうと悪化して治すのが難しくなる事もあるので是非参考にしてくださいね。

シェアする

フォローする