脂漏性角化症は放っておくと悪性化する!?

脂漏性角化症は放っておくと悪性化する!?

脂漏性角化症は、紫外線や外部刺激によって皮膚が機能低下(老化)し、細胞が異常増殖した角質異常です。

できた時点では、悪性ではありませんので放っておいても問題はありませんが、悪性ではないとたかをくくって放っておいたせいで、まれに悪性化(ガン化)することもあるようです。

まれな例だとはいえ、悪性化(ガン化)されるのは怖いですね。

私の手の甲の脂漏性角化症も、皮膚がんにならないよう除去やケアをしています。

除去するなら皮膚科での治療がリスクはありますが確実で、目立たなくする、状況を悪化させない程度でしたらセルフケアでも十分です。

できれば、病院での治療とセルフケアの両方をするのが一番いいです。

脂漏性角化症は、放っておいても問題ないとは言いますが、本気で放置して悪性化されると困りますので、見つけたら早め早めに対処したほうが良いですね。

シェアする

フォローする