その赤ら顔、原因は紫外線かも!?紫外線による赤ら顔の原因と改善

話題

 

日焼けをしてしまってから、どうも顔が赤くなって治らない。

 

そればかりか、日が経つにつれてヒリヒリして痛いし、顔の赤みが引かない・・・

 

それらは紫外線によって引き起こされた「赤ら顔」かもしれません。

紫外線と赤ら顔の関係

 

紫外線と聞くと一般的に思い浮かぶトラブルは、シミやしわ、そばかすなどと思います。

 

紫外線で赤ら顔になるというのはあまり知られていないかもしれません。

 

紫外線には、肌にとって有害な物質が多く含まれています。

 

その有害な物質から肌を守ろうとして、体内に活性酸素が発生し、色素沈着しやすくなります。

 

活性酸素は本来は、肌を守るために発生するものですが、殺菌作用がが強力であるためかえって肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

紫外線を多く浴びてしまうと皮膚の奥にある真皮まで影響を与え、その上からさらに、紫外線を浴びると活性酸素の影響で毛細血管が膨張してしまい、血管が透けたように見え赤ら顔になってしまうのです。

 

また、紫外線は肌の体温を上昇させたり、水分を蒸発させたりします。

 

これにより、肌のうるおいが無くなってしまい肌が常に乾燥した状態になってしまい、外部の刺激などにより炎症を起こすことによって肌自体が赤くなります。

 

これが紫外線による赤ら顔の原因です。

紫外線による赤ら顔の改善方法とは

活性酸素を増やさない

 

活性酸素により毛細血管の拡張で赤ら顔になってしまうので、活性酸素を増やさないようにしましょう。

 

不規則な生活やストレス、大量のアルコール摂取、喫煙、インスタント食品の過剰摂取などで増えてしまいます。

 

活性酸素を増やさないためには、生活習慣を見直すことが大切です。

 

また、活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のあるものを補う必要があります。

 

ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、リコピン、セレニウムなどが抗酸化作用があります。

 

私たちの身近にあるものだとニンジンやトマトなどに含まれていますね。

 

しかし、食べ物から摂取する場合は大量に摂取しないといけないそうなので、ほぼ不可能ともいわれていますので、サプリメントを上手に活用するといいです。

 

赤ら顔改善に役立つ成分と食べ物一挙公開!
なかなか改善しない赤ら顔。 赤ら顔の改善にはスキンケアや生活習慣の見直しや食生活の改善など色々取り組んでみないことには改善の期待ができません。 ここでは、赤ら顔改善に役立つ栄養素や食べ物を一挙にまとめてみました。...
赤ら顔に良い栄養素とおすすめのサプリメント
一度なるとなかなか改善しにくい赤ら顔。 赤ら顔対策に良いサプリメントが欲しい。 赤ら顔の原因は間違ったスキンケアだけでなく体のためや肌のための栄養が摂れていない可能性も考えられます。 インナ...

紫外線対策

赤ら顔を改善するには、外出するとき必ず紫外線対策をしましょう。(紫外線は1年じゅう降り注いでいますので1年を通してしっかり行いましょう。)

 

冬や曇りの日でも油断は禁物です。

 

日差しが特に強い日は、日焼け止めだけでなく、日傘や帽子をしてより紫外線対策を強化させましょう。

日焼け止めの選び方

 

SPFやPAの数値が高い日焼け止めは肌に負担が大きい、また直接肌にダメージを与えると言われ、肌の弱い人は数値の低い製品しか使えませんでしが、最近では、肌にダメージを与えると言われていた紫外線吸収剤もコーティングを施してある製品が出てきました。

 

コーティングをしている日焼け止めでしたら、SPFやPAの数値が高くても肌に優しいです。

 

紫外線散乱剤にしても同じことが言えますので、「コーティングを施してある」、「配合料を少なくしている」など肌に負担をかけない配合の製品を選ぶようにするとよいです。

 

また、外出時の塗り直しには、肌に直接触れないスプレータイプの日焼け止めを活用すると、塗り直しの時の摩擦のダメージから肌を守れます。

 

「日焼け止めだけでは心配」「塗り直しや塗りムラが心配」と思う場合は、抗酸化作用の高い飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)を活用するとさらに紫外線カット力も高くなるので安心です。

 

飲む日焼け止めは、抗酸化作用も高く赤ら顔の改善にも役立つので良いですね。

 

赤ら顔の日焼け止めはこれで決まり!肌が荒れていても安心して使える
赤ら顔に大敵になる紫外線対策はバッチリでしょうか? でも赤ら顔の肌はとても敏感。 日焼け(SPF、PA)のことだけ考えて日焼け止めを選んでしまうと大変なことに・・・。 どんな日焼け止めを選ぶ...
http://healthandbeautyblog.info/1065/

十分な睡眠時間をとる

睡眠時間を十分にとることで、肌のターンオーバーが整えられます。

 

最低6時間は睡眠時間を確保するようにしてみてください。

 

ターンオーバーを整えることで赤ら顔以外にもシミ、しわなどの改善にもなります。

 

熟睡できない方は、快眠サプリなどを利用しても良いですね。

 

正しいスキンケア

赤ら顔の肌は肌バリアが弱まっているのでものすごくデリケートです。

 

正しいスキンケアを行うようにしましょう。

 

まず、洗顔時にゴシゴシ顔をこするのはNGです。

 

また、肌が傷ついてしまい赤ら顔が悪化してしまうのでピーリングもNGです。

 

洗顔料を選ぶときは、スクラブ系の洗顔料や界面活性剤入りの洗顔料も肌を傷つけてしまうので注意してください。

 

できるだけ低刺激のものを選び、泡立てた泡をそっと顔につけて泡だけ転がすように素早く洗顔するとよいでしょう。

 

洗顔後はたっぷりと肌を保湿してあげましょう。

 

化粧水を塗るときにパッティング(手やコットンで叩き込みながら塗ること)はせずに、そっと手で押さえるようにして塗るといいでしょう。

 

スキンケアする際は肌を丁寧に大切にする気持ちで優しくしてくださいね。

 

赤ら顔のスキンケア方法のまとめ
赤ら顔のスキンケアはどうすればいいの? 私の場合、初めは化粧品かぶれ?洗いすぎ?から肌荒れを起こしてなかなか肌が改善せず、繰り返す炎症のために血管が拡張して酒さになったようです。 常に肌は揺らぎがちで、肌荒れ、ザ...

 

保湿には赤ら顔のために作られた化粧水を使うとよいです。

 

赤ら顔化粧水人気ランキング&悩み別おすすめ!
赤ら顔を簡単にケアできる化粧水が欲しい! そう思っているなら、赤ら顔用化粧水がおすすめ。 赤ら顔用化粧水には、赤ら顔の原因となっている肌の炎症や毛細血管の拡張を鎮める成分を配合しているため、顔の赤みを簡単...

 

腸内環境を整える

 

腸内環境を整えることで紫外線による肌のダメージを軽減できます。

 

腸内環境に自信のない場合は、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えてみてください。

 

また、体内に善玉菌を増やし腸内環境を整えられることで、ターンオーバーが整えられシミやそばかすなどといった肌トラブルも改善される効果があります。

 

http://healthandbeautyblog.info/1059/

 

紫外線による赤ら顔だと考えられる場合は、紫外線予防をしっかりして優しいスキンケアとインナーケアで紫外線に負けない肌を目指してくださいね。