メイク後のくすみの原因と解消方法

メイク後のくすみの原因と解消方法

朝、顔を洗った後はきれいな肌なのにメイクをしてしばらくすると肌がくすんでくる・・・

夕方には、顔色が悪いと周りの人から判るくらいくすむ・・・

そのくすみの原因は何?解消したい!

メイクをしたばかりの肌が綺麗でも時間が経つとくすむ・・・もしかしたら、その原因は皮脂混ざりかもしれませんね。

その皮脂混ざり、放置するとシミの原因人もなるので注意が必要なんですよ。

メイク後の顔のくすみをなくすには

肌の乾燥をくい止める

メイク後に顔がくすむのは皮脂混ざりかもって話ですが、皮脂が多く出すぎるのは肌の乾燥が原因なんですね。

肌が乾燥すると、角質の表面がめくれ上がって内部の水分が蒸発するだけでなく、肌バリアが壊れて外部の刺激が侵入しやすくなります。

それをくい止めるために皮脂をたくさん出して水分蒸発や外部の刺激が侵入しないように皮脂でバリアを作るようになっているためです。

もちろん、体調(疲れやストレス、睡眠不足)でも皮脂の分泌は多くなりますが、体調管理プラス朝のスキンケアを見直して乾燥しないようにしてみてください。

朝の洗顔

朝の洗顔は、朝の洗顔はどうしていますか?

洗顔料を泡立ててしっかり洗っている。

肌が乾燥するから水かぬるま湯でサッと洗うだけ。

毛穴の汚れが目立つのでもっとしっかり洗う。

などでしょうか。

この3つの洗顔方法なら洗顔後に皮脂大量に出いたり、元々の皮脂汚れや毛穴の汚れが取れいなくてファンデーションと皮脂や汚れが混ざって酸化してくすんで見えているのかもしれません。

もし、上記の方法での洗顔なら朝の洗顔方法を見直してみてはいかがでしょう。

ぬるま湯、水あらい

朝の顔はホコリなどの汚れだけで汚れ自体はあまりないからといってぬるま湯や水だけの洗顔では、昨晩お手入れに使ったクリームなどの油分や寝ている間に出てきた皮脂を切りに洗い流せていません。

その油がメイクに混ざるとくすんで見えますし油やけを起こしてシミになることもあるので「朝は忙しくて念入りに洗顔なんてする時間ないし」と思っても洗顔は必要なんですね。

泡でしっかり洗っている

じゃあ私は泡でしっかり洗っているから大丈夫と思っているなら、それも間違っているのかも。

最近では、朝の泡洗顔は肌の大事なバリア層まで洗い流したり、皮脂を取り過ぎるので余計に皮脂を多く分泌し、メイク後のくすみになると言われているんですね。

最近の朝の洗顔事情は最近の朝の洗顔は、クレンジングジェルでするのが新常識となっているようです。

メイクをしてしばらくすると顔がくすんで見える・・・ 肌の乾燥が気なる・・・ 毛穴の開きや化粧崩れに悩んでいる・・...

汚れはOFFしても洗いすぎず、メイク後のくすみも減ると人気です。

ふき取りだけでもOKなので保湿効果も高い上に急がしい朝にピッタリですね。

洗顔で服が濡れてイライラする事がないしメイクも綺麗に仕上がります。

朝の保湿とファンデーション

朝の保湿には、油分を多く含まない保湿が良いですね。

油分が多く含まれるクリームなどは朝の保湿には向きません。

化粧水を数回に分けてハンドプレスするように付けるか、オールインワンジェルで保湿するよいいです。

セラミドをはじめとする保湿成分や皮脂の分泌を抑える効果のあるビタミンC誘導体配合の保湿剤がおすすめです。

敏感肌でも使用できるセラミド入りのオールインワンジェル(ゲル)人気&おすすめを一覧にしてみました。 敏感肌は角質層のセラミドな...

ファンデーションは、保湿して時間を空けてすると崩れにくいです。

皮脂が多く出る場合は、出来れば皮脂を味方にするパウダーファンデーションがおすすめです。

中でもミネラルファンデーションが肌に優しいので試してみてはいかがでしょう。

ルースタイプやプレストタイプがおすすめです。

肌に優しいファンデーションと言えば、ミネラルファンデーションでしょ!っていわれるくらい肌に優しいイメージがありますね。 ここで...

下地を使っている場合も、皮脂対策ができる物に変えてみてください。

これでメイク後の顔のくすみ対策はバッチリですね。

シェアする

フォローする