美肌菌が増える化粧水が欲しい!

美肌菌が増える化粧水が欲しい!

美肌菌が増える化粧水ってるのかな?

あれば欲しいんだけど・・・

美肌菌を増やすには、美肌菌のエサとなるオリゴ糖や乳酸菌(発酵エキス)、酵母などを配合した化粧水がいいですね。

そこで、美肌菌のエサとなるオリゴ糖や発酵エキス(乳酸菌)、酵母など、美肌菌活性化因子を含んでいる化粧水を探して一覧にしてみました。

美肌菌を減らしてしまうパラベンなどの防腐剤やアルコール(エタノール)を配合していない化粧水を厳選しています。

整菌ラボプレミアムローション

全成分:(有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム)加水分解コラーゲン液、酵母エキス(3)、スクワラン、モモ葉エキス、シソエキス(1)、トウキンセンカエキス、ローマカミツレエキス、セージエキス、クレマティスエキス、ニーム葉エキス、yーグルタミン酸ポリペプチド、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、Lーアルギニン、モノラウリン酸ポリグリセリル、トレハロース液ソルビット液、大豆リゾリン脂質液、ビタミンA油、1,3ーブチレングリコール、マンガンバイオレット、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、1,2ーペンタンジオール、1,2ーヘキサンジオール、グリセリンモノ2ーエチルヘキシルエーテル、キサンタンガム、グリシン、トリメチルグリシン、濃グリセリン、クエン酸、クエン酸Na

元祖美肌菌化粧品を販売しているヒューマンフローラの化粧水(医薬部外品)。

全製品善玉菌(美肌菌)活性化因子を配合していて、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤は入っていません。

トライアルセット(ソープ、ローション、ミルクの3点セット)で試すことができます。

詳細はこちら>>

レビュー&口コミはこちら↓

化粧品かぶれ(洗いすぎや塗り過ぎ)から肌荒れを起こし、ずっと肌の揺らぎがひどくて、顔は真っ赤だし、ガサガサだし、かゆいし痛いし、しまいには脂...

HANAオーガニック・フローラルドロップ

全成分:ダマスクバラ花水、プロパンジオール、エタノール、水、α-グルカンオリゴサッカリド、ハチミツ、ローズマリー葉エキス、加水分解ハトムギ種子、キュウリ果実エキス、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、グリセリン、オニサルビア油、ニオイテンジクアオイ油、ビターオレンジ花油、イランイラン花油、ラベンダー油、ビターオレンジ葉/枝油、オレンジ果皮油、クエン酸、クエン酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル‐10、レブリン酸Na、アニス酸Na、ラウリン酸スクロース、BG

オーガニックコスメなかでも評判の高いHANAオーガニック。

美肌菌のエサとなるオリゴ糖を配合。

パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤は入っていません。

トライアルセットで試すことができます。

詳細はこちら>>

リフレッシャーローション

全成分:水・乳酸Na・ペンチレングリコール・BG・PCA-Na・アスコルビルエチル(ビタミンC誘導体)・アミノカプロン酸・アルニカ花エキス・イノシトール・グリセリン・グリチルリチン酸2K・グルカンオリゴサッカリド(バイオエコリア)・セイヨウオトギリソウエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス・セイヨウトチノキ種子エキス・トレハロース・ハマメリスエキス・ヒアルロン酸Na・ヒバマタエキス・ブドウ葉エキス・水溶性コラーゲン・乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキス

ニキビ用化粧品で人気のあるプライマリー化粧品のローション。

美肌菌のエサとなるオリゴ糖を配合していて、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤は入っていません。

トライアルセットで試すことができます。

詳細はこちら>>

オリゴロジックカルチャリングローション

全成分:水、プロパンジオール、グリセリン、ペンチレングリコール、αーグルカンオリゴサッカリドホスホリルオリゴ糖Ca、乳酸Ca、尿素、PCAーNa、ジグリセリン、乳酸、乳酸Na

美肌菌のエサとなるオリゴ糖を2種類配合した化粧水。

美肌菌が増える実証があります。

パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤は入っていません。

美容液とのトライアルセットでかなりお得に試すことができます。

詳細はこちら>>

レビュー&口コミはこちら↓

オリゴロジックカルチャリングローションは、美肌菌の愛称でもおなじみの皮膚常在菌の善玉菌のエサになるグルコオリゴ糖(グルカンオリゴサッカリド)...

美肌菌を増やすには

美肌菌を増やすには、洗いすぎや化粧品の成分に気を付けないといけません。

肌を清潔にすることはとても大切ですが、「洗浄力の強い洗顔料(クレンジングやソープ)などを使っている」「1日に何度も洗っている」なら、洗顔料や洗う回数を見直した方が良いです。

洗顔料を使う洗顔は、美肌菌を沢山洗い流し元の数に戻るのに半日~1日もかかっていると言われています。

その間、肌のうるおいやバリアは機能していないことになるので、できるだけ肌や美肌菌に優しい洗顔料を使うことや、洗顔料を使って洗顔するのは1日に1回にしておくのが良いです。

美肌菌を守りながら洗える洗顔料もあります

また、保湿をするための化粧水なども防腐剤を含んでいると、雑菌だけではなく美肌菌も殺菌してしまう事になるので、できるだけ防腐剤を使用していない化粧水が望ましいです。

防腐剤を使わない美肌菌活性因子入りの化粧品は、そう多くはありませんが探して一覧にしましたので上記を参考にしていただければと思います。

美肌菌を増やすには、洗顔料や洗う回数に気を付けるのはもちろん、使用する化粧品(メイク用品、特にファンデーションなどのベースメイク)に美肌菌にダメージを与える防腐剤や界面活性剤が多く使われていない化粧品や化粧水を選んでくださいね。

シェアする

フォローする