セラミド化粧水で完全無添加をお探しなら

セラミド化粧水で完全無添加をお探しなら

化粧品

セラミド化粧品を使いたいけど、合成の添加物が気になる・・・

肌が弱いから、無添加のセラミド化粧品を探しているけどなかなかみつからない・・・

赤ら顔で肌が弱くて、合成の添加物に敏感なあなたにピッタリのセラミド化粧品があります。

それは、5種類ものセラミドを配合しているにも関わらず、なんと合成の添加物は完全無添加のオールインワン化粧水「ウルウシェイクモイストミルク」という製品です。

5種類ものセラミドを配合しているのに乳化剤(界面活性剤)も防腐殺菌剤も完全無添加なんです。

私も初めて知ったときは衝撃的でした。

ウルウシェイクモイストミルクはこちら>>

赤ら顔(酒さ)で超敏感肌の私も使ってみました↓

赤ら顔の原因の一つは、外部刺激による炎症からくる毛細血管の拡張です。 赤ら顔化粧水ULU(ウルウ)は、外部の刺激による炎症や毛...

セラミドは1つより2つ、2つより3つと色々なセラミドが配合されている製品が良いんです。

もちろん、人型で。

セラミドは種類によって多少働きが違い大きく分けて4種類あります。

セラミドの種類

オイル

天然セラミド(動物セラミド)・・・動物から抽出しているセラミドで浸透性が高く保湿力も高い事が知られています。(成分名:ビオセラミド、セレブロシド、など)

人型セラミド(酵母由来)・・・酵母などかた抽出される天然のセラミドで安全が高く、人と同じ形のセラミドなので効果が高いことで知られています。浸透性、保湿力ともセラミドの中ではNO1です。(成分名:セラミド2、セラミドNP、など)

植物性セラミド(植物由来)・・・穀物から抽出されるセラミドで、価格が安いためプチプラな製品に配合されているのを見かけます。天然セラミドやヒト型セラミドと比べると保湿力は弱いので注意が必要です。(成分名:○○スフィンゴ、など)

疑似セラミド(化学合成)・・・セラミドに似た成分を化学合成しセラミドに似せた物。似たようなと言うだけで、まったくの別物だと思っても良い。

この中でも、1番効果が高いと言われているのが「人型セラミド」です。

人型セラミドの種類と役割

角質

セラミドの種類はかなり色々と分類があるようですが、ここでは良く化粧品に登場する主な人型セラミドを紹介します。

セラミド1(セラミドEOS)・・・水分保持と外部刺激に対する優れたバリア機能を発揮すると言われています。

セラミド2(セラミドNS)・・・水分保持

セラミド3(セラミドNP)・・・水分保持とシワを軽減する機能があると言われています。

セラミド4(セラミドEOH)・・・角質の脂質バリア層を作って保持するバリア機能に長けています。

セラミド5(セラミドAS)・・・角質の脂質バリア層を作って保持するバリア機能に長けています。

セラミド6(セラミドAP)・・・水分保持、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能など多機能なセラミドです。

セラミド6?(セラミドAP?)・・・水分保持、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能など多機能なセラミドです。

セラミド7(セラミドAH)・・・細胞の増殖分化をコントロールして皮膚にある菌のバランスをコントロールするセラミドです。

このセラミドのなかでも肌に多く含まれているのが「セラミド2」なんだそう。

セラミド2は高い保湿力がありますので、減少すると乾燥肌に、セラミド1、3、6の不足は敏感肌やアトピーなどになりやすいと言われています。

肌トラブルがあるなら、色々なセラミドが配合された製品を選ぶと良いですね。

ウルウシェイクモイストミルクのセラミドは

全成分:水、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6?、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸Na、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、ホホバ種子油、ノバラ油、ダイズステロール、水添レシチン
※水は特殊浸透水(マイナスイオン水)を使用。(角質層まで浸透)※ダイズステロール・水添レシチンはセラミド原料の含有成分。

冒頭で紹介した「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」は「セラミド2」をはじめとして「セラミド6?」「セラミド3」「セラミド5」「セラミド1」の5種類ものセラミドを配合しています。

成分表を見ても何の曇りもない、完全無添加のセラミド化粧品なら安心して使用できますね。

ウルウシェイクモイストミルクの詳細はこちら>>

赤ら顔(酒さ)で超敏感肌の私も使ってみました↓

赤ら顔の原因の一つは、外部刺激による炎症からくる毛細血管の拡張です。 赤ら顔化粧水ULU(ウルウ)は、外部の刺激による炎症や毛...

セラミド化粧品は合成の添加物配合のものが多い理由

セラミド化粧品に合成の添加物が多い理由としては、セラミド自体が油分で他の成分とうまく混ぜ合わせるため分離させ乳化しています。

そうしないと他の成分とうまく混ざり合いませんので、合成界面活性剤やなどを使い乳化していることが多いんですね。

油分なのに水分と成分が溶け合っていてる化粧品(クリームやジェルはほとんど)なら、乳化合成していると思って間違いないと思います。

でも、先ほど紹介した「ウルウシェイクモイストミルク」は、乳化されていないため角質のバリア層を壊すことなく浸透していきますのでとても肌に優しいです。

防腐剤まで使わない完全無添加のセラミド化粧品は「ウルウシェイクモイストミルク」しかないと言っても過言ではないと思います。(私は他に知りません)

超敏感な肌にも、とても優しく、使用感や香り(天然の野ばらの香り)もとっても良いですよ。

完全無添加のセラミド化粧品をお探しなら、おすすめです。

ウルウシェイクモイストミルクを試してみる>>

赤ら顔(酒さ)で超敏感肌の私も使ってみました↓

赤ら顔の原因の一つは、外部刺激による炎症からくる毛細血管の拡張です。 赤ら顔化粧水ULU(ウルウ)は、外部の刺激による炎症や毛...

シェアする

フォローする