赤ら顔と毛穴の開きの原因とは

赤ら顔と毛穴の開きが気になって、やってみたいメイクができない…

 

自身が持てない… など、顔のトラブルはとてもストレスに感じますよね。

 

ここでは、なぜ「赤ら顔」や「毛穴の開き」は起こってしまうのか、その原因を一つずつご説明します。

赤ら顔の原因

まず、赤ら顔の原因に関しては、4つの事が考えられます。

①皮膚の薄さ

皮膚には、毛細血管がたくさんあります。

 

毛細血管は通常、皮膚の正面からは見えませんが皮膚最上部の皮膚が薄いと透けて見えて赤く見えてしまうのです。

 

原因は、ピーリングや間違った洗顔の仕方で肌にダメージを与えてしまい、肌が削れてしまったり、加齢によって肌を構成する細胞を作り出す力が衰えてしまう事で起こってしまいます。

 

②気温による毛細血管の拡張

寒い気温で室内外の温度差は激しいと、毛細血管の拡張の伸縮が頻繁に起きて顔が赤ら顔に見える現象。

 

生まれつき毛細血管が多いケースもあります。

③ニキビによる赤み

ニキビのある周辺の皮膚が赤く炎症します。

 

通常はニキビが治れば炎症も治りますが、ニキビが治らない上に新しいニキビができてしまうと、皮膚炎症が治らない状態で赤みが引かずに悪化してしまうケースです。

 

ニキビの原因は様々で、間違った洗顔のケアや、ホルモンバランスの崩れ、ストレスや睡眠不足など…自分にあったニキビケアを行う必要があります。

④皮脂による炎症

肌の上に余分な皮脂が溜まり、空気に触れていて酸化しやすい状態になっています。

 

酸化した皮脂と皮膚の常在菌が反応を起こすと炎症を起こし、赤みが出てしまいます。

 

油っぽい食事やお酒の摂りすぎ、タバコの吸いすぎ、ビタミンBの不足やストレス、不適当な洗髪(すすぎ不足や洗いすぎ)、メイクの汚れ、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

毛穴が開いてしまう原因

次に毛穴が開く原因ですが、男女共にトラブルが出やすい毛穴の開き。

 

なぜ毛穴が開いてしまうのでしょうか?

 

主に原因も4つから考えられます。

 

①皮脂の過剰分泌

皮脂が必要以上に分泌される事によって毛穴が開いてしまう。

 

毛穴や皮膚表面に溜まっている汚れや古い角質など、皮脂と混ざって酸化し、毛穴が黒ずんで見える原因にもなります。

 

様々な原因が挙げられますが、運動不足による脂肪代謝不足や、油っぽい食事の取りすぎ、お酒の摂りすぎや不規則な生活など…。

 

特に肝臓に負担がかかりホルモンバランスが崩れる原因にもなります。

②たるみ

加齢などでコラーゲンやエラスチンが減少する事で肌の土台が崩れ、その影響で肌表面のハリが失われ、顔が全体的にたるむ事で毛穴が開いてしまいます。

 

洗顔のしすぎや、保湿不足、メイク落としが不十分で汚れが溜まっている状態や表情筋の凝りが原因と考えられます。

 

③ニキビ跡

ニキビを潰すとその箇所の毛穴が開いたままの状態になります。

 

ニキビを治したいが為に洗顔をしすぎたり、保湿を怠ると肌が乾燥し、必要以上の皮脂分泌が起ると毛穴がつまり開きます。正しいニキビケアをする事で、毛穴の開きをケアする事にもなります。

脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌が多いことが主な原因だと言われていますが、乾燥性の脂漏性皮膚炎もあります。

 

脂漏性日皮膚炎は、マラセチア菌(カビ菌)の繁殖による炎症になります。

 

多くの場合は、出すぎる皮脂が酸化する事によって肌がアルカリ性に傾きマラセチア菌が繁殖しやすい環境になる事で起こります。

 

正常に戻すには、皮脂の分泌を正常化することや肌の菌のバランスを整える事で改善が期待できます。

 

皮脂の分泌を正常化するには、バランスのとれた食生活や適度な運動、ストレス発散、疲れをためない、睡眠不足にならないなど基本的な健康面を改善することと、洗いすぎや塗り過ぎなど過度なスキンケアを辞める事で皮脂分泌のバランスが整えられます。

 

また、皮脂分泌のバランスを整えると同時に皮膚常在菌の善玉菌を増やす事で悪玉菌の繁殖が抑制されます。

 

 

自分に起こっている肌トラブルの原因をしっかり理解して、最適な対処方で改善していってくださいね。