赤ら顔にグリセリンは良くない!?フリーが良い?

ジェル 赤ら顔

 

赤ら顔にグリセリンは良くない!?

 

でもグリセリンって必ずと言っていいほど化粧品に入っていますが、グリセリンが赤ら顔に良くないとすれば、グリセリンが入っていない化粧品を探さないといないといけなくなりますね。

 

そこで、今日はグリセリンは赤ら顔のケアには良くないのか?調べてみました。

 

そもそもグリセリンって?

soaps-1214715_640

 

そもそもグリセリンとは何なのか?を再確認してみたいと思います。

 

ちょっと難しくなりますが、調べた通り書いてみます。

 

グリセリンは、3価アルコールと言う物質にあたり、科学用語では、グリセロール (glycerol) と呼ばれています。

 

原材料は、植物性油、動物性脂、石油が主となっています。

 

油脂の場合は、わかりやすく例えると石けんを作る(石化)する際にできる副産物で、精製することによって純度の高いグリセリンができます。

 

化粧品に使われるグリセリンは、植物性原料から作られたものがほとんどのようです。

 

グリセリンの性質

test-tubes-904546_640

 

グリセリンは、食品添加物としては、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などに使われています。

 

食品としては、虫歯の原因となりにくい甘味成分ですが、甘さがないわりにカロリーが高いのでメインの甘味料としては使われていないようです。

 

赤ら顔に関係する部分としては化粧品ですね。

 

化粧品としては、使いやすく万能な保湿成分として有名です。

 

水に溶けやすい性質から化粧水に使われることが多いようで、保水力のあるヒアルロン酸との相性が良いようです。

 

また、感触が重くベト付きを感じるので、しっかりと保湿した感じを求める方には重宝されているようです。

 

あの「ペトッ」とした感触があるならグリセリンかもしれませんね。

 

グリセリンの副作用

 

アクネ菌やマラセチア菌が増えやすい

肌

 

グリセリンの副作用としては、他の保湿成分に比べてアクネ菌やマラセチア菌が増殖しやすいという点です。

 

赤ら顔の原因は皮脂によるものが多いので、脂性肌やニキビができやすいならグリセリン配合の化粧品は避ける方が無難かもしれません。

 

断つことで炎症やニキビの減少、改善される場合もあるといわれる程なので。

 

赤ら顔に多い脂性肌の人は注意が必要かも。

赤ら顔にはグリセリンが肌の負担になる場合も

肌

 

グリセリンの原液となれば、オーガニックのものや99%など純度の高いグリセリンもあり、とても安全性の高い成分だと言われています。

 

ただ赤ら顔は肌が薄くバリア機能が低下しているため、刺激を感じたりアレルギーを起こす方もいるようなので、使用する時には必ずパッチテストをしてから使用するようにした方が無難です。

 

特に肌が敏感になっている時には注意が必要です。

 

人によってはグリセリンを使うと肌が赤黒くなる方も。

 

痒みが出たり、赤みが増したりするようなことがあったら使うのをやめてた方が良いですね。

 

インナードライになる場合も

肌

 

また、グリセリンには、吸水性があることから保湿に向いていると言われていますが、一定の量以上を配合し肌に利用すると、その吸水性が仇になり、空気中の水分を吸収するだけでなく元々肌にある水分も吸水しインナードライになってしまいます。

 

ただ、通常の化粧品は既定の量以上は配合されていませんのでその点は安心ですが、手作り化粧品を作って使用する場合は既定の量を守って使わないといけません。(グリセリンの使用上の注意にも希釈の注意書きがあります。)

「赤ら顔にグリセリンは良くない!?フリーが良い?「」まとめ

 

こうして調べてみると、グリセリンは赤ら顔には極力使わない方が良い感じですね。

 

ですが、優秀な保湿剤ですのでグリセリンを避けるだけで肌の乾燥が激しくなる場合もあようですので、グリセリンを完全に断つかどうかは、肌の状態を見極めながら行ってください。

 

しかも、グリセリンは水溶性のため化粧水などに多く使われているため、グリセリンフリーの化粧品を探すとなるとわりと大変です。

 

ちなみにグリセリンと名前の付く成分は、「グリセリン」「濃グリセリン」「エチルヘキシルグリセリン」「ジグリセリン」「グリセリン脂肪酸エステル」「グリセリンエチルヘキシルエーテル」などですが、アクネ菌やマラセチア菌が繁殖しやすくなるのは「グリセリン」「濃グリセリン」です。

 

 

ただグリセリンって、抗菌を兼ねた保湿ができ、感触が良いので重宝される成分らしくグリセリンを配合している化粧品はかなり多くて、無配合の化粧品はなかなか見つけるのが難しいです。

 

そんななか、自分も興味があるのでグリセリンと、濃グリセリンを配合している化粧品を探してみました。

 

グリセリンや濃グリセリン配合の化粧品を避けたいと思われている場合は、下記ページを参考にしてみてください。

 

グリセリンフリーの化粧品↓

グリセリンフリー化粧水おすすめランキング♪
グリセリンフリーの化粧水をおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク ...
グリセリンフリー美容液おすすめランキング♪
グリセリンフリーの美容液をおすすめ順にランキング形式で紹介しています。 1位)アカラフォーミュラ 内容量:100...