赤ら顔にホホバオイルは良い?

オイル 赤ら顔

 

赤ら顔を少しでも治したい!

 

赤ら顔にホホバ油が良いという口コミがあるので使ってみたいけど、どうしてホホバオイルが赤ら顔に良いのかもっと詳しく知りたい。

 

私もそう思ったのでホホバオイルが赤ら顔にどう良いのか調べてみました。

そもそもホホバオイルとは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%9B%E3%83%90#/media/File:Simmondsia_chinensis_form.jpg

 

 

ホホバオイルの特徴

 

ホホバオイルは、ホホバというカリフォルニア・メキシコなどの砂漠地帯に生息するツゲ科の多年草植物の種子から抽出される天然の植物性オイルで、ビタミンやミネラルが豊富な事以外にも、人の肌になじみやすいワックスエステルが大半をしめている唯一のオイルです。

 

私たちが使用するオイルは、クリア(透明)なものと、黄金色をしたオイルがありますが、クリアなものは黄金色をした純正のホホバオイルを精製したものになります。

 

違いは、ビタミンやミネラルなどの栄養が高いのが黄金色をしたホホバオイルで、精製されたホホバオイルはビタミンやミネラルの含有量が少ないため、効果が薄いと言われています。

 

精製されたホホバオイルの方が手頃ですが、好みや体質によって使別けている方が多いです。

 

ホホバオイルの効果

 

ホホバオイルの効果としては、「どんな肌質の人にも合う」「肌バリアの代わりなる」「皮脂バランスを整える」「汚れを落とす」「殺菌作用がある」「肌を柔らかくする」「抗酸化作用がある」など様々な美容効果があげられます。

 

そうした効果がある事から、皮脂の分泌が多く困っている人やニキビや肌荒れで困っている人などにも重宝されています。

 

また、肌バリア機能の代わりをするため、日焼けの帽子や日焼け後のケアにも良いと言われています。

 

ヘアケアでは、頭皮マッサージに使われたり、髪を保護するヘアオイルとしても利用されています。

 

ただ、食用としては食べても消化されないため、食用としてではなくスキンケアやへアケアとして用いられています。

ホホバオイルの注意点

 

 

いくら天然のオイルで肌に優しいからと言って、万能ではなく、人によっては直接塗ると肌荒れやかぶれの原因にもなるそう。

 

特に赤ら顔は、すでに肌荒れを起こしていたり、とても肌が敏感なので注意が必要です。

 

熱がこもったり、痒みやブツブツ、皮むけが起こる人もいるようです。

 

使う時はいきなり顔全体に付けないで、少量を見えにくいところに塗ってしばらく様子を見てから使う方が良いですね。

 

赤ら顔に使うホホバオイルを選ぶなら

 

赤ら顔に使うホホバオイルを選ぶなら、ビタミンやミネラルが豊富に含まれたゴールデンホホバオイルではなく、生成されたクリアなホホバオイルの方が刺激にならず無難かもしれません。

 

精製されているため、ビタミンやミネラルの効果は期待できませんが、生成されている分肌の糞は少なく保護だけできるからです。

 

どのホホバオイルを使ったらいいかは人によりますが、無印良品のホホバオイルが人気なようです。

 

無印良品 ホホバオイル50ml
created by Rinker

 

「赤ら顔にホホバオイルは良い?」のまとめ

 

赤ら顔にホホバオイルは肌の水分蒸発や刺激を防ぐために良いです。

 

スキンケアに使う場合は、ゴールデンホホバオイルと生成されたクリアなホホバオイルのどちらを使うかは、肌によって決めると良いです。

 

無難なのはクリアなホホバオイルで無印良品の頬まオイルが人気です。

 

ただ、赤ら顔の肌は肌表面の温度が高く、常に水分が蒸発しています。

 

その上、赤ら顔の肌は薄くなってしまっているので水分が貯められない肌になっています。

 

そうした肌は、化粧水ジェルで水分補給をしてからホホバオイルで蓋をするそうなケアがおすすめです。